ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと-

そろそろいきますか 

DSC_1997_R.jpg

これからエジプトを南下していくわけだけど最長の無補給区間は220キロ。
それ以外にも175キロ、153キロなど、豪州中央部を彷彿とさせる無人地帯ぶり。

水の補給が難しい無人の砂漠地帯ではラーメンや米など水を使って調理するものは避けるようにしている。
調理に水を使わないにしても食器を洗う際に水が必要になるわけで、無人地帯では缶詰とパンが食事の基本だ。
カザフスタンではナン、豪州では食パンだったが、エジプトで食パンの入手は難しい。
こちらではアエーシという円形のパンがあるけど2日もすれば確実にカチカチになってしまいそうである。主食をどうするか悩み中。

町に立ち寄る度に食料を補給していくつもりだけど、ひとまずこれだけの食料を積み込む事にした。あとは6リットルの水を2つ購入。

Cairo 

DSC_1643_R.jpg

10年振りのカイロ。
このぼろいビルには3軒の安宿があるのだけれど、懐かしさはもちろん、階段の上り下りが面倒という理由などから最下層に位置する10年前と同じ宿に投宿。
3往復かけて荷物を部屋へ運び、砂塵と排ガスと汗にまみれた体をシャワーで洗い流す。
すぐにビールを買いに酒屋へ向かった。10年振りとはいえ数ヵ月を過ごした街なので宿周りについては何があるのかよく覚えている。

革命やクーデターにより政権が変わった。
街中では装甲車や銃を持った兵士を頻繁に目にし、かつてのカイロになかった物々しい雰囲気ではあるが、宿周辺やカイロ中心部の街並みはそれほど変わっておらず、日を追うごとに記憶が鮮明になっていく。

DSC_1938_R.jpg

カイロでは最重要目的の黄熱病予防接種とビザの延長を済ませた。
今日は15キロ歩いてギザへ。入場はせず、外から写真だけ。

DSC_1942_R.jpg

「スフィンクスの目線の先にある」とトリビアの泉で紹介されたKFCからの景色。

首都へ 

DSC_1512_R.jpg

休憩をとったカフェで「この先の町にホテルはありますか?」と尋ねてみれば、「ラー(ない)」という返答。「もし眠りたいのならそこで眠ればいいよ」と彼は続け、指差した先にはモスクがあった。
まだ昼前の早い時間だったのでお世話になることはなかったけれど、彼の言葉が緊張や不安をほぐしてくれたように思う。これまで歩いてきた国々と同じようにエジプトにも救いの手を差し伸べてくれる人がいるという事実が安心感を与えてくれる。

地図を広げてみれば65キロ、60キロ、50キロという間隔で宿のありそうな街があり、当初は無難に街に寄り宿に泊まるつもりでいたけれど、1年間全く歩かず、脂肪をつけた体でそれだけの距離を歩くのは不可能で1日40~50キロペース。

DSC_1545_R.jpg

カイロまでの4泊の間、モスクでお世話になること1日。

DSC_1575_R.jpg

あとはテントを張り続けた。
アレキサンドリアとカイロとを結ぶ幹線道路沿いには幸いな事に24時間営業のカフェなどが点在しており、その隣の空き地などにテントを張らせていただく。

DSC_1613_R.jpg

日本を発つ3日前まではカイロに立ち寄る予定は全くなかったけれど、エジプト国内の歩行ルートの見直しを迫られたため急遽カイロへ。

Alexandria 

外国人が少ないからか街を歩けば遠慮など一切なしの好奇の目でじろじろと見られ、話しかけられることも少なくない。
まるで十年来の友人に再会したかのように顔をほころばせ「ハローマイフレンド」と声をかけられ、握手の手を差し出されることが何度かあったのだけど、お前は誰だ状態である。

カメラを手に歩いていたところ「写真撮って」と可愛げな子供たちが現れた。
「液晶画面を見せて」という子供たちのリクエストに応えていたら、3人の可愛くないおっさんが現れて「写真を撮ってくれ」と一言。
撮り終えた後は子供たちと同じように液晶画面を眺めて満足するおっさん達。

この国では現地人との距離が非常に近く、良くも悪くも濃厚な日々を送れそうだ。

DSC_1471_R.jpg

今日は記念すべきアフリカ大陸縦断初日。
地中海沿いの道から道路を横断し、すぐ近くの宿までの60メートルを歩いた。
リヤカーを引いての1日の歩行距離としては間違いなく史上最短である。
本格的な歩行は明朝から。

今回に限ったことではないけれど初めて歩く国に対する不安はもちろんある。
1年振りの歩行なのだから尚更。程よい緊張感も持っている。
歩く日々が続けばこの繊細さはどんどんと摩耗して大胆になっていくものだけど、アフリカでは常に繊細さを持ち合わせていたい。

歩行初日くらいは宿に泊まりたい、テントは嫌だと考えているけれど、宿がありそうな町はなんと65キロも先。
1年のブランクがある足で果たして歩けるだろうか。
明日どこまで歩けるか、どこで夜を過ごすのかなんて分からない。
不安は不安なんだけど、それをどこか楽しんでいるのも確かである。

アフリカ上陸 

DSC_1353_R.jpg

関空からマニラ経由のドバイ行き。
リヤカー込みおよそ50キロの荷物代込みで3万円。

DSC_1378_R.jpg

さらにドバイからエジプト・アレキサンドリア行きに乗り換える。
荷物代別払いのLCCを使うより、荷物代無料のエジプト航空を使う方が安い。
19000円弱。

写真はドバイの高層ビル群。一際高いのが世界一高いビル。
ドバイでは30秒ほど空港外に出たけれど、ムッとするような不快な熱気に耐えられず快適な空港内へ逃げ込んだ。

青春18きっぷを使い鳥取駅を出発したのが3日の昼前。
スタート地点であるアレキサンドリアに到着したのが日本時間6日の午前0時半頃。
安く来れたのは良かったけど、マニラ18時間、ドバイ17時間の乗り継ぎがあり空港に2連泊。アレキサンドリアまで2日半を要す。

DSC_1385_R.jpg

10年振りのエジプトで10年振りの再会。
カイロからアレキサンドリアまで3時間もかかるのに、しかも空港がアレキ市街から40キロも離れているのに出迎えのためにわざわざ来てくださったアモーレ丸山氏。
おかげさまで空港からの移動、宿探しまですべてスムーズに進んだ。本当に感謝です。

DSC_1412_R.jpg

10年振りのエジプト。
スタンプがあるにもかかわらずその上にビザシールを貼り、しかも逆さまに貼られる。
入国前からこんな感じで始まったのだけど、タクシードライバーは後になって「もっと金をよこせ」と言い、宿の部屋は鍵がかからず。ガイドブックには「WiFiあり」とあったのに「壊れているから明日直す」という全く信用できないお返事をいただき、まあ平常運転といえば平常運転、10年前と変わらない気がする。

DSC_1392_R.jpg

アフリカ イズ ビューティフル 

DSC_13291.jpg

毎日新聞鳥取版で連載させていただいているのだけど、数日前の紙面がこちら。
一緒に写っているのはカナダを歩行中に出会ったジャン。
リヤカーの隣には怪しげなカートがあるが、彼もまた地球を歩き続けた男である。自分の知る限り五大陸を単独徒歩で踏破したのは彼だけだ。

飛行機を使えば短時間であちこちへ行けてしまう現代において、五大陸を徒歩で踏破した男とそれを目指す男、2つの旅がこの広い地球上で交わるなんて運命的なものに思える。


彼と出会ってから3年、初めてジャンにコンタクトを取ってみた。
「I am glad you still continue your world walk,(あなたが未だに世界を歩き続けていると聞き嬉しく思う)」
彼からのメールはそんな言葉から始まり、スーダンビザ延長に関するアドバイスが綴られていた。そして文末には「Good luck and keep walking...」とあった。

足を止め、彼と話した時間は束の間だったけど、彼との会話の中で脳裏に深く刻まれているのが「アフリカ イズ ビューティフル」という言葉。
美しい自然なのか、あるいは人なのか、その言葉からは何が、どこが美しいのか推測する事は難しいけど、自分なりの美しきアフリカを見出したいと思っている。

美しきアフリカを歩き続ける日々がもうすぐ始まる。

出発5日前 



昨日とある取材を受けた際、パスポートを見たいというリクエストがあった。
パスポートを手にするのはおそらく今年初めて、アフリカ縦断を決意してから初めての事である。

パラパラとページをめくってみれば、たくさんのスタンプやビザで埋め尽くされていた。
そんな旅の軌跡を目にすれば、旅先での風景を思い出し、一期一会を振り返りながら感慨に浸れるものだけど、それもほんの一瞬の事で予想だにしていなかった事実に気付く。

余白ページはわずか9ページ。
ビザ申請には見開き2ページが必要という原則がある事も多いのだが、見開き2ページの余白がある場所にいたってはわずか2か所があるだけである。

アフリカでの渡航予定国は12カ国。
そのうちビザが不要なのはボツワナにナミビア、南アフリカのみ。
どこかの国の大使館で増補の必要があるとは考えていたけれど、カイロには行かないし、スーダンの日程もタイトなのでハルツームで増補をするだけの時間はない。
緊急を要する事態であったのだが、県庁旅券課へ駆け込んで問題解決。

何かと慌ただしい出発5日前。