ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと-

エジプト縦断終了 

DSC_2809_R.jpg

さらに南を目指すべく、まだ暗いうちから歩き始めるが、30分歩いた先に検問があり、アブシンベルへ向かう数台のツアーバスなどが停車していた。
「アブシンベル方面へ行くにはパーミッションが必要であり、徒歩での通行は認められていない」と警察は言った。
例え西岸へ渡って南下したとしても検問で必ず追い返されるだろうとの事だ。

この瞬間エジプト縦断は終了した。
エジプトでの歩行距離は約1300キロ。

徒歩で南下できない事は残念だけど、一旅行者の都合で覆るルールではないし、当初よりエジプトはアスワンまでのつもりだったので割り切っている。
ここまで途絶える事なく足跡を刻めた事に比べれば全く大した問題ではない。

DSC_2810_R.jpg

出発から1時間半後、本日も宿へ帰還。
300キロの無人地帯に備えて用意した食料が重い。

さらに南へ 

DSC_2790_R.jpg

スーダンへの入国はアスワンからの船以外に選択肢がなく、エジプトの歩行はアスワンで終わる予定だったが、8月末に陸路での越境が可能になったとの事でさらに300キロ程を南下するつもりでいる。
開放されて間もない国境なので前例はなく、徒歩での越境が認められているかは実際に行ってみないと分からないが、行けるところまで行ってみようかなと。

DSC_2794_R.jpg

ナイル川西岸へ渡ろうとしたところ、歩行禁止のアスワンダムに行く手を阻まれる。
歩行禁止の道に遭遇する事はごく稀にあるのだけど本当に気が滅入る。
誰もいなければ見て見ぬフリをして渡ってしまうものの、そこには銃を持った数人の警備兵の姿。朝5時半という交通量の少ない時間だったが、交渉の余地なく、一切の権限を持たない警備兵は首を横に振り続けた。

ダム上の歩行を拒否されたものの道がなくなったわけではない。
アスワンへの帰路はいかにして西岸へ渡るかを歩きながら検討する。
船でナイル川を渡るか、10キロ北へ戻って橋を渡るか。
自分の足で渡る選択肢がある限りはそれを選ぶので20キロの距離増が面倒だがやはり後者か。

DSC_2796_R.jpg

モチベーションの低下により3時間前にチェックアウトした宿に帰還。
往復15キロを歩いたが足指に痛みや違和感がなかったのは良かった。
地図でルートをチェックすればさらに南のアスワンハイダム上にも道路があり、ツーリストインフォメーションで尋ねてみれば歩行可能との事である。

明日はアスワンハイダムへ。

Aswan 

DSC_2665_R.jpg

東方砂漠は全くの無人地帯ではなく軍や警察の施設などもある。
東方砂漠での最後の夜は救急隊の駐在所で過ごす。
近くにテントを張らせてもらうつもりが「そこに寝ればいいよ」と言われ、屋外に置かれたベッドで眠った。
秋の風情も季節感も皆無ではあるが、朝夕は日に日に冷え込んできており、季節の変化を感じている。潜るまではしなくとも寝袋を腹にかけないと寒くて眠れない。
いつでも取り出せるようにバッグの奥底に入れていたジャケットを上の方に移動させた。

DSC_2667_R.jpg

ナイル川が近付くにつれ一面褐色だった世界に少しずつ色が加わっていった。
900キロも砂漠地帯にいたのだ。風に揺れる草木を目にすれば自然と顔が緩み、心底癒される。

DSC_2671_R.jpg

有人地帯になればあちこちに水がめが置かれ、飲料補給に困る事はない。
北部でも店や家々の前にウォ―タータンクが置かれていたけれどその比ではない。
誰か特定の人のためのものではなくてあらゆる人たちのためへの水。
美しきイスラムの精神である。

しかしながら悪ガキどもから投石を受け、「マネー、マネー」と声をかけられ、人のいない砂漠地帯が恋しくもあり。

DSC_2750_R.jpg

突き刺すような足指の痛みに顔をしかめ、足を引きづりながらアスワンに到着。
トレッキングシューズを履けば足指が圧迫されて激痛が走り歩行困難な状態に。
当初は魚の目だろうと思っていたのだが、一夜明ければ足指はさらに腫れ上がり、血が溜まって黒ずんでいた。
患部を針で一刺すれば、どろっとした膿血が流れ、足の状態は良くなりつつある。
前回の地球一周の時はキズドライ2本にテーピング数本などを持っていたけど出番は全くなく、今回は念のためテーピングを1本持ってきただけ。また何かあれば患部にぐるぐるとテーピングを巻いてやろう。

スーダンビザを取得した。エジプトもそろそろ終わる。

日本出国後に取材を受け記事掲載されたもの 



■共同通信社によって配信


jt_R.jpg

■Japan Times掲載


1bbc_R.jpg

■BBC


1egypt_R.jpg

■マスルアルヨウム(エジプト)

東方砂漠踏破 

DSC_2594_R.jpg

当初予定していたルート上で軍の検問所が武装グループにより襲撃され、21人の兵士が死亡したのが7月のこと。
そしてそんな話をカイロ在住の知人に教えられたのが出発5日前の8月末だった。

エジプトを南下するルートは3つあるのだけど、リスクの高い同ルート、行動が制限されるナイル川沿いのルートを避けるなら東方砂漠ルート以外に選択肢はなかった。

DSC_2573_R.jpg

東方砂漠を徒歩あるいは自転車で踏破したという情報は全くなく、歩く事ができるかは不確か。さらにはテロが頻発しているシナイ半島が目と鼻の先にあり、砂漠という場所柄何が起こってもおかしくはなく不安が消える事はない。
機動力に劣る徒歩という手段で暑さに苦しみながらも、26日、900キロに及んだ東方砂漠を踏破。

これまでの三大陸とは違い、アフリカ大陸に関しては自分の足のみで歩き抜く事は難しいだろうと割り切ってはいるけれど、足跡を途切れさせることなく刻めた事はやはり嬉しいものである。

DSC_2612_R.jpg

エジプトという不安要素が一つ消えた。
あとはスーダンを1ヵ月のうちに1500キロ歩けるか、あるいはビザ延長できるか。
そして最大の難関であるケニア北部をいかにしてかわすか。
さらには昨日から足の指にできた魚の目という新たな問題にも頭を悩ませている。痛い。

Malsa Alam 

DSC_2397_R.jpg

カイロからおよそ120キロを横断、その後の600キロをひたすら南下とエジプトの東方砂漠を歩き続けている。
そしてこれからまた220キロの砂漠地帯を再度横断しナイル川へと戻る。
220キロの間にガソリンスタンドやカフェなどあるとは思われるが、町はない。
問題は補給場所の有無ではなく暑さ。雲と風、自然条件によってその過酷さは左右される。日中は歩けないようなら無理に歩かず、夜間歩行することも検討中。

DSC_2526_R.jpg

現在は宿がないこの小さな町でアパートを借り、疲弊した体を休めている。
熱を帯びていた体を冷まし、汗と砂塵の染み込んだ衣類を洗い、必要なものを揃え、次なる戦いに備えている。

酷暑 

DSC_2478_R.jpg

今の時期のエジプトは雨が降ることなどなく、アフリカ大陸上陸後の1ヵ月は毎日快晴である。
土地柄なのか、それとも秋めいてきているのか、この2日ほど上空を雲が覆うようになり、日中の歩行はずっと楽になったと思いきや、南下するにつれて気温は上昇。雲間から突き刺す陽射しは鋭さを増した。
今のところ何とか日中は歩けているけど、そろそろ限界が近付いているのは確かである。

口内は粘々とし、喉の奥は干上がった土壌のように渇き切っている。
水分の過剰摂取は良くないと分かってはいるけど、渇きへの恐怖心が半端なく、ボトルに手を伸ばす回数が増え続けている。

DSC_2476_R.jpg

先日はアフリカ入りして初めてストーブを使って食事を作った。
今回からストーブはMSRのドラゴンフライを使用。
暑いので生鮮食品は持てないし、食欲も失せるのだけど、米を炊いて具なしの味噌汁を作った。うまい。