ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと-

アフリカ イズ ビューティフル 

DSC_13291.jpg

毎日新聞鳥取版で連載させていただいているのだけど、数日前の紙面がこちら。
一緒に写っているのはカナダを歩行中に出会ったジャン。
リヤカーの隣には怪しげなカートがあるが、彼もまた地球を徒歩で巡り続けた男である。自分の知る限り五大陸を単独徒歩で踏破したのは彼だけだ。

飛行機を使えば短時間であちこちへ行けてしまう現代において、五大陸を徒歩で踏破した男とそれを目指す男、2つの旅がこの広い地球上で交わるなんて運命的なものに思える。


彼と出会ってから3年、初めてジャンにコンタクトを取ってみた。
「I am glad you still continue your world walk,(あなたが未だに世界を歩き続けていると聞き嬉しく思う)」
彼からのメールはそんな言葉から始まり、スーダンビザ延長に関するアドバイスが綴られていた。そして文末には「Good luck and keep walking...」とあった。

足を止め、彼と話した時間は束の間だったけど、彼との会話の中で脳裏に深く刻まれているのが「アフリカ イズ ビューティフル」という言葉。
美しい自然なのか、あるいは人なのか、その言葉からは何が、どこが美しいのか推測する事は難しいけど、自分なりの美しきアフリカを見出したいと思っている。

美しきアフリカを歩き続ける日々がもうすぐ始まる。

出発5日前 



昨日とある取材を受けた際、パスポートを見たいというリクエストがあった。
パスポートを手にするのはおそらく今年初めて、アフリカ縦断を決意してから初めての事である。

パラパラとページをめくってみれば、たくさんのスタンプやビザで埋め尽くされていた。
そんな旅の軌跡を目にすれば、旅先での風景を思い出し、一期一会を振り返りながら感慨に浸れるものだけど、それもほんの一瞬の事で予想だにしていなかった事実に気付く。

余白ページはわずか9ページ。
ビザ申請には見開き2ページが必要という原則がある事も多いのだが、見開き2ページの余白がある場所にいたってはわずか2か所があるだけである。

アフリカでの渡航予定国は12カ国。
そのうちビザが不要なのはボツワナにナミビア、南アフリカのみ。
どこかの国の大使館で増補の必要があるとは考えていたけれど、カイロには行かないし、スーダンの日程もタイトなのでハルツームで増補をするだけの時間はない。
緊急を要する事態であったのだが、県庁旅券課へ駆け込んで問題解決。

何かと慌ただしい出発5日前。

新車 

DSC_13071

納車されたばかりの新車。

一台のリヤカーのみで四大陸、さらには五大陸を縦横断というのも悪くはない。
地球一周で使用したリヤカーをオーバーホールして引き続きアフリカでも使うという選択肢はもちろんあった。
しかしながら世界各地で多くの方々に助けられ、修理してもらった補修跡を残しておきたいという気持ちがそれ以上に強く、新たにリヤカー弐号をご提供いただく。
とりあえず壱号は今までありがとう、お疲れ様なのである。

リヤカーは今回もナガノさんのものを使用。同じくタイヤはIRC
地球一周の過程で致命的な破損はなかったのだけど、今回のアフリカに備えさらに耐久性を高めたものを作ってくださったとの事。
無人地帯で破損したり、地球一周の序盤では不安材料だった車輪もベアリングを良いものを使い、リヤカー本体、タイヤ、車輪に関しては死角は見当たらない。

懸念事項を挙げるとしたら、この一年全く歩いていない事、富士山にて下山時に転倒し、ひねった足首にやや違和感を覚える事くらいか。

下山 

sunrise.jpg

標高三千メートル超の富士山の山小屋で二ヶ月ほど働いていましたがようやく下山。
本の発売日前に山小屋にいたものだから書店に並ぶ光景すら見る事ができなければ、周りには書店どころか一切の店はなく、テレビもネットもない。
二ヶ月で使ったお金は850円だけ。

そんな環境下でのモチベーションは毎日の食事と御来光。
陽はまたのぼりくりかえす。しかし自然は常に違う表情を見せてくれた。

DSC_05501.jpg

天気の良い日は雲海を見下ろしながら屋根に寝袋とマットを干す。

地球一周の旅では甘いコーヒーを飲めるようになったというどうでもいい変化があったものだけど、二ヶ月の山籠もりではこれまで拒絶し続けてきた納豆を食べられるようになった。


二月までに本の執筆をある程度済ませた後はホームセンターのリニューアル準備、製造業への派遣、市長選挙の選管臨時職員、梨の袋かけ、ラッキョウの収穫に富士山の山小屋と短期の仕事を重ねてきたわけだけど我ながらよく働いたなと思う。

サポートしてくださっている企業に装備品の提供をしていただき費用面では大きく助けられているけれど、2009年に歩き始めて以来、カナダや豪州でも働いたりと資金面に関してはすべて自己資金で賄っております。

本ができました! 

book.jpg

拙著『リヤカー引いて世界の果てまで』発売10日前なのですが、幻冬舎の編集の方より見本をいただきました。
原稿執筆を進めつつも本になるという実感はなかなか涌かなくて、ゲラが届いた時、アマゾンで予約が始まった時、少しずつその実感を嚙みしめていたけど、ようやく本という形になりました。
この旅に、出版に関わってくれた皆様、改めてありがとうございます。

アマゾンでも予約受付中です→こちらからどうぞ!

幻冬舎より出版 

DSC_0037.jpg

徒歩による地球一周の旅の経験をまとめた「リヤカー引いて世界の果てまで地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅」を7月3日に幻冬舎より上梓します。タイトルながっ!
文庫本という体裁なので¥702 とお求め安くなっております!

アマゾンでも予約受付中です→こちらからどうぞ!

新装備 

MSR、THERM-A-RESTなどで有名なアウトドアメーカー・カスケードデザイン社に企画書を送ってみたところ、マットや浄水器、「おそらく君なら気に入るはずだ」と頼んでもいないチタンクッカーまでご提供いただいたのは北米横断中の話。

DSC_0058.jpg

この度、カスケードデザイン社の日本総代理店株式会社モチヅキ様より装備品をご支援いただける事となった。

北米でもエアーマットをご提供いただいた。これさえあれば快眠を得られるとはいえ、使用時に空気を入れるのが面倒でほとんど使わず宝の持ち腐れ状態。
そんな面倒くさがり屋にはアコーディオンのように簡単に折り畳めるマットレスが最適なのである。

ストーブもMSRのドラゴンフライに変更する。

DSC_0059.jpg

あとは防水のバウンダリーパック。115リットル収納可能な優れもの。
ユーラシアで使用したマウンテンダックスの防水ダッフルは優秀だったが、北米以降のノースフェイスのダッフルは雨天時など水がどんどんとバッグ内に侵入し、ひどいものだった。
開口部が狭く、荷物の取出しにやや難があるものの、ほぼ全ての装備品を防水パック一つに収納でき、背負う事ができる点もポイントが高い。