ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ベトナム-2

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Voi 

ベトナム人の朝は早い。

今朝は5時に出発したが、すでに宿の周辺の食堂は店を開けていた。
今日に限った事ではなく田舎でも4時半とか5時でも営業していたり、開店準備をしていたり、ありがたく何度かお世話になった。
日の出前からカフェで談笑する人達、水田に目をやれば、闇の中をいくつかのライトが動いている事もあるし、とにかくベトナム人の朝は早い。

IMGP3959_R.jpg

先日下調べしておいた橋からは市場が見下ろせた。
まだ薄暗い5時半だったが、すでに多くのベトナム人の1日は始まっていた。

IMGP3974_R.jpg

多くの人が農業に従事する農業国ベトナム。
旅行者相手に吹っかけてくる商売人も多いけど、朝早くから働く勤勉な人達が多い。



休養明けは疲労も回復し、2,3日はとても快調に歩ける。
今日も順調なペース。

IMGP3972_R.jpg

ベトナムで飯を食い損ねる事はめったにないけど、今日は珍しく延々と何もなく、10分程座ってコーラを飲んだ以外は歩き続けた。
基本的に食事の時以外は腰を下ろす事はない。写真を撮ったり、誰かに話しかけられた時に足を止める程度。


ひたすら歩いて今日は70キロ超え。中国まで105キロ。

スポンサーサイト

ハノイは中国語で河内というらしい 

昨日ハノイを去るつもりでいたけど2泊延泊し、ハノイ5泊目。

IMG_0177R.jpg

ここで中国ビザを取ろうなんて考えていなかったけど、唐突に思い立って中国大使館へ行ってみたら意外にもあっさりと申請を受理された。
しかし30日という条件付。30日で上海まで歩く事は不可能で強気に63日を希望。

「中国国内で延長できる」というおばちゃんに「歩いて上海へ行くのです」と自分の旅を紹介した中国語の新聞などを見せたら、「領事の判断次第であり絶対に取れる訳ではない」と一応は受理された。


当初は南寧から香港へバスで往復し、ビザを取得するつもりだったけど、手間やお金の事を考えたらここでビザを取得した方が遥かに良い。
しかしここ最近の日中関係を考えたらそんな簡単な事ではない気もするし、歩いて上海へ行くから63日のビザくれなんてこちらの勝手な言い分でしかないし、過度の期待はせず、取れたらラッキーという程度に考え、週末は祈りながら過ごした。

IMGP3896_R.jpg

そして今日、念願の中国ビザを取得。滞在可能日数は65日。
中国の大使館、領事館へ足を運ぶのはハノイで3度目。ようやく取れたビザ。


上海まで2500キロ。



IMGP3944_R.jpg

旧市街。
北ベトナム、ハノイへの印象はすこぶる良いです。

IMGP3908_R.jpg

路上の床屋。

IMGP3810_R.jpg

マーケット周辺。

IMGP3845_R.jpg

ハノイ大教会。

IMGP3829_R.jpg

4年以上持ち続けているお守り。
凍傷を負った時も毎日祈ってたけど、昨日はビザが取れるように手を合わせて祈った。

脱出ルート確保 

東ティモールから始まった東南アジアの歩行も気が付けばもう10ヶ月。
歩行距離も約1万キロに達した。そんな東南アジアも残り200キロを切っている。

この先は1号線が中国国境までつながっているので1号線を歩く予定。
過去何度か書いているけど、大都市を出る際、目指している場所へ至る道へ迷わずに辿り着けるかというのはとても重要な事で、今回もハノイ中心部から1号線へのルートをチェックしたのだけど、橋を徒歩で越える事ができるか不確かであった。

IMGP3858_R.jpg

ひっきりなしにやって来るバイクの波に人ごみ、減速する事なくクラクションを鳴らし突っ込んでくる車。こんな所で右往左往したくないので散歩を兼ねてルートの下調べをする事にした。

IMGP3776_R.jpg

1号線へは橋を渡る必要があり、最も中心部から近いのがこのチュオンズオン橋。
徒歩で渡れるか不確かなのもこの橋だったのだが、見た感じ十分な幅がある。
それにここはベトナムである。ベトナム人はルールは守らずモラルも低く、リヤカーを引いて渡っても問題ないような気がしたが、「徒歩では渡れない」と橋を渡る前に警察に制止された。

IMGP3780_R.jpg

徒歩、自転車の通行不可の標識もあったし、時間帯にもよるかもしれないけど警察が常駐している感じだったので、この橋の通行は断念。

ここから少し北のロンビエン橋なら通行可能と教えられ、確認に向かう。

IMGP3792_R.jpg

バイクはやや多いけど、幅は問題なし。ハノイ脱出ルートを確保。

Hanoi 

IMGP0126_R.jpg

2度と歩きたくはなかったベトナムではあるけど、北部の山岳地帯を越えてハノイ。

これまで訪れた国の中で最悪に近い国だったのに、「もう2度と来る事はないでしょう」なんて捨て台詞も用意していたのに、北ベトナムはぼったくりも少なく、立小便をする人も大激減。ケツ出してるおばちゃんなんて皆無。
大型車やバスは相変わらずクソだけど1号線と比べたらまだましで、フエ以南と比べたらストレスは遥かに少なく、別の国に来ているかの様だった。

危うくここを歩かずにベトナムを去るところだった。
大嫌いだったこの国を見直す事ができて本当に良かったと思う。
だからと言って南の評価が上がったわけではないけど。



今泊まっているホテルが旅行会社も兼業しているのでやたらとハロン湾ツアーの勧誘をしてくる。
10日位前は行ってもいいかなと考えていたけど、今はハロン湾へ行きたい気持ちよりも面倒な気持ちの方が余裕で勝っているので行きません。

北ベトナムを訪れなければ間違いなく再訪する事はなかったけど、ハロン湾はまた次の機会にでもと思い、ハノイの街を適当に散歩している。

IMGP0219_R.jpg

宿の近く。

IMGP0233_R_20130414011813.jpg

ホーチミン廟。

ハノイへの道 

IMGP0028_R.jpg

Tuan Giaoではこの先に上り7キロ、下り7キロの峠があると教えられていたけど、実際は上り下り合わせて計25キロもの峠越えだった。
7日目のこの日は1500メートルの峠越え。勾配はきつくなかったが、さすがに病み上がりの体に25キロのアップダウンは楽なものではなく56キロ。


8日目以降は残り330キロを5日で歩くと決め、ひたすら歩き続ける。
67キロ、68キロ、58キロ、66キロ、76キロ。
最終日以外は連日のアップダウン、10、11日目は霧に包まれた雨の山中を歩いた。

1日平均66キロというペース。
1日ならまだしも5日連続というのは初めての事。簡単な事でないのは明らか。
歩けるかは自分でも不確かであり、できるところまでという感じで挑戦してみた。

IMGP9995_R.jpg

ほぼ予定通りだったけど、10日目に58キロしか歩けなかったのは土砂崩れによる通行止めで1時間の足止め。さらには霧に包まれ、雨が降る闇の中、見通しの悪い山道を歩くのは危険と判断し、早めに切り上げたから。

IMGP0032_R.jpg

路肩のない狭い道。
晴れていても見通しの良くない道路であるが、さらに霧でさらに視界は悪く、危険度は倍増。ひどい時は20メートル先さえ見えなかった。
後方からの大型トラックやバスに怯えながら歩いた。

命がけなんて大袈裟な表現はしたくないけど、ベトナム人ドライバーに命を預けるというのは命がけという事なのである。

IMGP0122_R.jpg

最終日は76キロを歩き、首都ハノイへ。
上って下りまくった日々はもう終わり。ここはもう海抜0メートルに近い所なのだ。

ウドムサイからハノイへの12日間はとてもハードで心が折れそうになった。
できない人はやめる理由を考えるけど、やめる事ができない自分はただひたすらハノイへ着いたら何を食べようかと考え歩いていた。

最後の試練は乗り越えた。
ここから上海へはフラットな道だ。

Tuan Giao 

IMGP9743_R_20130405172953.jpg

基本的にはテントを張りながら歩き、歩行中に宿に泊まる事はめったにないのだが、まさかの3日連続の宿。

ベトナム入りした一昨日は52キロ歩くも、昨日40キロ、今日37キロと思うように距離が伸びていないのは上り坂とか足の疲労とかが理由でなく、暑さにやられたから。
思えば一昨日は暑いのに帽子もかぶらず歩いていた。カザフスタン、カナダ、ボルネオの時と同じ様な熱中症の症状。


これだけ過去何度も同様の症状を経験していたならどうするべきかはよく分かっていて休むしかない。それだけの事。しかし今回ベトナムでの滞在期間が15日と限られていたり、その他いくつか理由があって足を止める事はできない。

それにしても過去何度も経験している症状なのに我ながら学習能力がないなと思う。

IMGP9709_R.jpg

ラオスから延々とアップダウンを繰り返し、階段を上るのにも苦労するくらいに足の疲労はひどい状態。
昨日はそれに加えて食欲なく、少し吐き気を感じながらも何とか700メートルを上り切り、600メートルを急降下。

坂を上っているとリヤカーは重力に従って下へと落ちていき、足と腕で支えるが、勾配のきつい所ではもう耐える事ができなくなった。
試行錯誤した結果、最近は引くのではなく、スーパーのショッピングカートの様に押し上げている。同じ上りでも使う筋肉が異なるのでこちらの方が楽に上れる。


この先どれだけのアップダウンが続くか分からず、「この体でハノイまで辿り着けるのだろうか」と不安になる。
「バスを使ったら、せめて荷物だけでも」なんて頭を過り、珍しく弱気にもなったけど、「ここが最後の試練なのだ、最後のヤマ場なのだ」と言い聞かす。

ここを越えれば上海へはフラットな道が続くのみだ。


強烈な陽射しを浴びながらの最後の5キロは本当に危機感を感じた。
山を下った先にある小さな町の宿に到着した時は立っているのもきつく、地べたにしゃがみ込み、しばらく動く事ができなかった。


一夜明けた今朝の体調は万全ではなかったけど歩く。
できれば50キロ。無理なら37キロ先のTuan Giaoまで。
それも無理なら歩ける所まで歩いてテントを張ろうと考えた。

幸い今日は大きなアップダウンはなし。
もう少しいけそうな気もしたけど、無難にTuan Giaoまで歩き、午後の数時間を休養にあてた。


これまでの経験上、明日辺りから体調はずっと良くなるはず。
体調は昨日よりも確実に良いし、食欲も戻ってきた。



IMGP9755_R.jpg

Tuan Giaoへの道。
明日以降延々と7キロ上りが続くとの事。

IMGP9637_R.jpg

水田。

IMGP9694_R.jpg

ベトナム北部はこんな髪型の女性が多い。

Dien Bien Phu 



豪雨に見舞われ、上り坂に苦しみながらもベトナム入り。
疲れているので近況報告のみ。もう寝ます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。