ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 日本

帰郷 

"Your feet don't know how to stop walking."

「あなたの足はどうやって止まるのかを知らない」


米国の母と呼べる方からのメールにはそうあった。

IMGP1420_R.jpg

大阪から鳥取までの230キロも歩き、帰宅する事を選んだ。

難波から梅田の先までは歩道があって順調だったのだが、その後は荷物を下ろして階段を上がり、さらにはまた荷物を下ろしてガードレールを越えたり、歩行予定ルートが歩行不可能な高架なので別の道を探したり、ストレスのたまる歩行だった。

IMGP1529.jpg

峠を越え、20以上のトンネルを抜け、交通量の多い狭い道を慎重に歩く。
全長3692メートルの蘇武トンネルはかなり広い歩道があり余裕だったが、台湾同様車輪の片側を車道に落とし、歩く事も何度かあった。

IMGP1473_R.jpg

台湾が人情味のある素晴らしい国だったので果たして日本はどうなのかと、僅かに不安もあったけれどそれは杞憂に終わった。

都市部の人は他人に無関心、田舎は保守的で排他的。
そんなイメージもあったけど、何度も声をかけられ、差し入れをいただいた。

狭い歩道では道を譲りあい、譲られた側は「ありがとう」と軽く会釈をして通過。当たり前といえばそうなのだけど、どこかほっとした。

IMGP1503.jpg

お世話になった植村直己冒険館の方々。
帰国後に初めてうまいと思ったのはここでいただいた冷奴。

IMGP1558.jpg

鳥取県入りし、お世話になった知人宅での朝食。

IMGP1561.jpg
IMGP1574.jpg

ついに帰郷。

Day1706 帰国 

帰国が近付いたので数えてみたら、2008年末に日本を出国してから1705日目が異国で過ごす最後の夜であった。

IMGP1347_R.jpg

1人で色々な事を思い返しながらしんみりと過ごす夜も悪くはないけど、1705日目の夜は多くの素晴らしい方々に囲まれ、賑やかに過ごした。
自分のためにこれだけの方々が集まってくださり、何と言えば良いのだろうか。感謝の気持ちで一杯なのであります。素晴らしい仲間を紹介してくれたジェフにも感謝です。


出発前の歓迎会に来てくださった人、歩行中にも差し入れを持ってきてくれた人、知った顔が多かったけれど、この2人はサプライズだった。

IMGP1348_R.jpg

遠く離れた台南、台中から駆けつけてくれた高さんと謝さん。
感謝と感激で涙が出そうだった。

本当にありがとう。謝謝。



そして8月28日。
その翌日、翌々日なら台風の接近で危うく欠航になりそうだったけど、なんとか台湾を脱出し、1706日目にしてようやく帰国。

帰国が近付いても全く実感がわかず、日本パスポートを持った人がウジャウジャいて周囲から日本語が聞こえてくるような飛行機に搭乗して、「帰国するのだな」と少しずつ感じ始めるも、心のどこかではアフリカのどこかへ飛ばされるんじゃなかろうかとくだらない事を考えた。

着陸態勢に入った飛行機の窓からは見えたのは見覚えのある関西国際空港周辺の景色。
ここが日本である事を認めつつも、徐々に高度を下げた飛行機から日本語で書かれた看板を探し、「海上保安庁」という文字を見て、ここが日本であるのだとようやく納得できた。

IMGP1381_R.jpg

帰国初日は空港にて野宿。
毛布の無料貸し出しまでしていて、日本のサービスの質の高さを再確認。
なかなか寝心地の良い椅子だった。

IMGP1399_R.jpg

翌朝はリヤカーと共に始発電車に乗り込んだ。
そんな訳で今は4年8ヶ月振りの日本です。