ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 2010年10月
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Jersey Herald/Times Herald-Record掲載 

IMGP9647_convert_20101023034458.jpg
IMGP9646_convert_20101023034105.jpg

New Jersey Herald(アメリカ・ニュートン) 2010年10月14日、15日掲載

14日に掲載された記事を見たジェシーが歩行中の自分を2時間かけて捜索。
まずは新聞社の記者・ジェフに電話するもどこを歩いているのか分からず。彼は車を走らせ、聞き込みをしながら捜索を続けた。フルーツスタンドのお姉さんからの「昨日ルート519を歩いているのを見た」という情報を得てルート519へ。「昼過ぎに見た」というポリスの証言を得て、彼はルート519を進んでいった。
そして2時間の捜索の末にようやく見つけたという非常にどうでもいい話が15日に掲載されています。



times2_convert_20101108005212.jpg

Times Herald-Record(アメリカ・MONTICELLO) 2010年10月20日掲載

掲載日にこの新聞の販売区域を出てしまっていたため紙面はありません。

ニュージャージー州の小さな村 

IMGP9346_convert_20101014224323.jpg

秋のアメリカを北上中。
久々の歩行という事もあって、昼以降はペースが落ち、日照時間も短くなってきているので40-45キロというペースで歩いています。
街は避け、ひたすら赤や黄色に染まった山の中、カントリーロードを歩行中。


歩行再開から4日目。
素晴らしい出会いに恵まれる毎日。
本日も歩行開始からわずか1時間で早速素敵なマダムとお会いし、久々にシャワーを浴びさせていただき、WiFiも使わせていただいております。

6週間もホームステイさせていただいた際にすでに分かっていた事ですが、アメリカ人ってほんと親切です。とても楽しい。

IMGP9376_convert_20101014224500.jpg

会う人、会う人、皆にこの辺りの治安を尋ねるのと同時に、「この辺に熊はいるの?」と尋ねているのだけど、皆「イエス」と即答。

これからさらに熊がいそうな州立公園へ向かい、明日にもニューヨーク州入りの予定。

そろそろ歩きます 

「もしよかったら泊まっていかないか」


そんな一言から始まったホームステイ。
ほんの数日のつもりだったのだけど、お世話になること43泊。

43泊させてもらった事はもちろん、その他にもビザ関係の問い合わせなど多くの時間を費やしてくれたり、「感謝」なんて一言では表わせないくらいもてなしてくれました。
ここでの滞在を通し、多くの方々とお会いする事もできました。
彼らもまた自分のために時間を費やし、尽くしてくれました。

「感謝」なんて一言で言い表せないけど感謝です。

親切だけど他人に無関心、先進国にありがちなクールな人達を想像し、米国にはそんなに期待していなかったけど、良い意味で裏切られました。

装備品も大きく増え、重量も大幅増。
この家にはまた戻ってきたいし、ここにはまた会いたい人達がいるので、再訪の約束と共にいくつかの荷物を残していく事にしました。
戻ってきたいと思える場所を見つけ、再会したい人達と出会えた事は本当に大きな成果だと思います。


残暑が残る8月末にフィラデルフィアを出発したものの、日照時間も短くなり、寒い朝は吐息が白くなり、気が付けばもう秋。
そろそろここでのホームステイに終止符を打ち、歩行を再開します。

行き先はカナダの首都・オタワ。
今後の北米横断に関してはいくつかのプランがあるけど、オタワへ行かないとどうなるかは分かりません。とりあえずオタワです。
オタワまでは400マイル(約640キロ)くらい。

道中、シャワーを浴びる事はできるのでしょうか。

ホームステイ42日目 

数えてみれば米国入国から58日、未だフィラデルフィア近郊から抜け出せず。
多くの方々から助けられ、支えられ、いくつか進展もあるのだけど、とりあえずリミットは残り32日。明日か明後日か、いつになるかは分からぬも近々歩きます。


ホームステイ42日目。

IMGP9225_convert_20101009122645.jpg

超大型アウトドアショップへ連れて行ってもらう。

IMGP9231_convert_20101009122956.jpg

熊よけの鈴とベアスプレー。
先日、州立公園へ遊びに行った際、自然豊かな北米の山々・州立公園に魅せられ、ここを歩きたいと思うのと同時に、いつ熊が現れてもおかしくない環境に危機感を感じ、とりあえず最低限の防御品を入手する。

IMGP9237_convert_20101009123142.jpg

ガソリンストーブの燃料として使うホワイトガソリン。
国の法律か、ペンシルベニア州の法律なのか、定かではないけれど、これまでガソリンスタンドで二度燃料ボトルへのガソリン補給を拒否されている。
中国からポルトガルへ至るまで、アジア、ヨーロッパ、どの国でもガソリンスタンドでガソリンを補給し、一度も拒否された事などないのに。

今お世話になっている家のお母さんに「ガソリンがほしい」と伝えると、「爆発する、デンジャーだ」と言い、これまでアジア・ヨーロッパで毎日の様に使ってきたから大丈夫だと説明するのだけど「デンジャーだ、ガスストーブを新しく買え」と。
さすがに新しいものは買わなかったけど、燃料は初めてのホワイトガソリン。
「6本買え」と言われたけど、重いので2本だけ。1リットルの燃料ボトル2本分。

IMGP9235_convert_20101009123126.jpg

これから寒いからと暖かそうな帽子に、薄いソックス。
ソックスは薄いものと厚いものを重ねて使えとのこと。

IMGP9234_convert_20101009123014.jpg

これはバガブーツオムニヒートというらしい。
「アメリカから新しいシューズを履いてるからいらない」と何度も伝えたのだが、「北米の冬は寒い」とお母さん。
「去年も-20度をこのマドルガピークで歩いたけど問題なかった」と返せば、「北米の冬をなめるでない」と言われる。
店員が勧めてきたのはコロンビアのウィンターブーツ。
さすがはコロンビア。

バガブーツオムニヒート、-32度まで問題ないらしい。
保温性に優れ、ウィンターブーツなのに軽い。

IMGP9238_convert_20101009123329.jpg

この1ヶ月でかなり荷物が増え、重量も大幅増。
動いてない分、体重も増加。
荷物も体重も幸せ太り。



IMGP9229_convert_20101009122831.jpg
IMGP9230_convert_20101009122850.jpg

アウトドアショップには剥製がたくさんあった。
せっかくベアスプレーも入手したので、ぜひ一度は使ってみたいなどと思ったのだが、いざこの剥製を目にすると、とてもそんな風には思えない。熊怖い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。