ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 2017年11月
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカテカス脱出 



セントロは道が広いわけではないので、人、交通量が少ない早朝に町を抜けてしまいたい。

IMGP0271_R.jpg

出発直後、バックしてきた車にぶつけられる。

IMGP0288_R.jpg

セントロ通過中。
日曜日の早朝なので、ほとんど車も走っていないし、人通りもなくストレスなく街を抜ける。
セントロだけでなく、片側3車線あるハイウェイも交通量が少なかった。
サカテカス入りした時は路肩がなく、苦労したんだけど、救われた気分。

5キロも歩けば周りに家もなくなり、いつものような荒涼とした景色になる。

IMGP0298_R.jpg

途中から路肩がなくなったり、狭くなったり、10キロ程そんな状態が続く。
とても歩きにくく、後方からの車が気になってしょうがない。
路肩の狭い道を堂々と歩ける程図太い神経を持っているわけではないので。

たまにクラクションを鳴らされるんだけど、そんなものを鳴らされたところでこちらはどうする事もできないのにバカじゃないかと思う。
邪魔をしているという自覚はあるけど、少し減速してくれたら済む話ではないか。

IMGP0305_R_20171130000533dbc.jpg
IMGP0308_R.jpg

その後待望のオートピスタが現れる。広い路肩が最高だ。

IMGP0310_R.jpg
IMGP0315_R.jpg

60キロ近く歩いて料金所まで。

スポンサーサイト

Zacatecas 

サン・ルイス・ポトシで2日半休み、そこからわずか3日歩いただけなので、サカテカスでは1日半のみ休む。
サカテカスの方が街の雰囲気は良いし、サン・ルイス・ポトシよりこちらでゆっくりするべきだったと思うのだけど、ルート変更は急遽決めた事なのでしょうがない。



宿の屋上からの眺めも素晴らしい。

IMGP0177_R.jpg

シャワーを浴びた後、街を見下ろせる丘に登る。
この先歩くのはこの街の向こう側。荒野の中に築かれた街である事がよく分かる。

IMGP9938_R.jpg

下っても良い眺め。

サカテカスではスーパーへ行き、街をブラブラした程度なのだけど、いつもと違って元気があり余っているので、翌日も再び丘へ登った。

IMGP0116_R_20171129235043c36.jpg

夜もなかなか良い。
目的なく、ブラブラと歩くには良い街だった。

アメリカへの距離 



サカテカス州入り。

IMGP9892_R.jpg

サカテカスはかつて鉱山で栄えた街で2250メートルの所に位置する。
勾配のきつい上りだったら嫌だなと思っていたけど、サン・ルイス・ポトシからは緩やかなアップダウンを繰り返している。

IMGP9907_R.jpg

ここ数日似たような毎日を繰り返しているけど、この日も全く何もなく、特筆すべき事もない。
ようやくガソリンスタンドの標識が現れたので1キロ先か、2キロ先か、あるいは5キロかと思っていたら20キロだった。ふざけてる。20キロ先なんて歩行終了する時間じゃないか。

IMGP9908_R.jpg
IMGP9910_R.jpg

ガソリンスタンドはないけど10キロ先にコンビニが現れ、腹を満たす。
2つで20ペソと安いサブを買ったのだけど、以前食べたハンバーガー同様、マヨネーズもマスタードもなくとても味気ない。

IMGP9912_R.jpg

久々のガソリンスタンド泊。サカテカスへは17キロ。

IMGP9914_R.jpg

翌朝、アメリカ国境の街シウダーファレスへの距離標識が初めて現れた。
1243キロはまだまだ遠い。
オアハカからここまで1100キロくらい。それ以上に遠いのかと思うとがっかりする。

IMGP9964_R.jpg

とりあえず安宿へ。
部屋の窓からはカテドラルを眺められる好立地の宿だった。

変化の少ない毎日 



朝起きて、テントから顔を出すと満天の星空が見える。
30分くらいかけて準備して出発。まだ暗く、空が白み始めている程度。
徐々に明るくなっていき、空の色も刻々と変化。
歩き始めてから50分程で日の出。という毎日。

IMGP9822_R_201711050442507a8.jpg

また新しい1日が始まりました。

IMGP9828_R_20171105044252cff.jpg
IMGP9852_R_2017110504425561f.jpg

景色は前日と変わらず。
たまに集落が現れる程度。

IMGP9833_R.jpg

にも関わらずバス停がやたらと多い。どれだけの人がここを使うのだろう。
とりあえずここで昼食。
商店も食堂もないので昼食は前夜に作ったツナの炊き込みご飯の残り。

IMGP9861_R.jpg

42キロ歩いて本日最初の補給地現る。
5リットルの水と1.5リットルのペプシを買う。
ラーメンやコーヒーを作る時の湯もミネラルウォ―ターを使うよう言われているので水は必要なのである。
歯磨きとか食器洗い用の水はガソリンスタンドの水道水。米を炊くくらいならこの水道水でも問題ないとの事。

今まで訪れた国の中で最も水を買っている。
もしかしたらメキシコを訪れる以前の国々で買った水の量をすでに上回っているかもしれない。
正直水など買いたくないけど買わざるを得ない状況。
メキシコ全土で水道水は飲めないらしい。

IMGP9872_R_20171105044258ef3.jpg

道路の両脇には延々と柵が設けられていて、テントを張りに向こうへ行くなんて事はできないのだけど、村などが近くにある場合はこんな風に柵が途切れるのでここを逃す事なく柵の外へ出る。

IMGP9874_R.jpg

そしてテント。
周囲には低灌木が点在。これがもっと多かったらオーストラリアのよう。
歩いている時もオーストラリアの景色を思い出していたのだけど、乾燥した気候も単調な景色もよく似ている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。