ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Chihuahua
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chihuahua 

いつも通り日の出前の暗いうちから歩き始めたが、交通量は少ないし、チワワの郊外に入りどこに人が潜んでいるか分からないし、もう少し明るくなるまで待つべきだったとほんの少し反省しながら歩く。
さらに進んだ先は見るからに貧しそうな居住区があったり、30人くらいの路上生活者がいるエリアもあった。
路上生活者エリアは陸橋の上から見下ろす形だったのだけど、久々に入ってはいけない所に入ってしまったという気がした。

とりあえず宿を探さないといけないのだが、ぼろくて安そうなホテルで料金を尋ねると1泊350ペソという答えが返ってきた。
200ペソ(11ドル)くらいでと考えているので完璧に予算オーバー。



通行人に安宿の場所を尋ねれば「セントロへ行け」と言われ、そちらへ行ってみるのだが、現れるのは高そうなホテルだけ。あてもなく宿探しをするのが面倒になってきた。
このさらに奥に行けばセントロだと思うが、もう宿には泊まらなくていいと思い、街の郊外を目指す。

宿にお金を費やすなら美味しいものを食べる方が有意義だと思う。
テントはあるし、シャワーを備えたガソリンスタンドでお金を払えばシャワーも浴びる事ができるし、洗濯もできる。

IMGP0894_R.jpg

日曜日なので交通量は少なく歩きやすい。
郊外のガソリンスタンドまで行ってゆっくりしようか、今後の予定についてあれこれ考える。

IMGP0906_R.jpg

しかし辿り着いたのは消防署。
まだ昼にもなっていない早い時間だったけど、泊めていただける事になった。

寝場所の確保ができれば何も望まないのだが、「すいません、15日間シャワーを浴びていないんです」と訴えたところ、シャワーを浴びさせてくれ、手洗いで洗濯しようとしていたら洗濯機、乾燥機まで使わせてくれた。
本当にありがとうございます。グラシアス!

IMGP0903_R.jpg

最近悩まされていた謎の空気抜けだが、チューブに穴はなく、空気注入部分から抜けていた事が判明。虫ゴムを換える事で問題解決。

IMGP0905_R_20171201000539e95.jpg

チワワから北はまたしばらく何もないとの事で水を分けていただく。
さらにはスーパーで買い物をし、着々とやるべき事を済ませていく。

残念ながら消防署なので怠惰にゴロゴロなどはできなかったが、本を読んでゆっくり過ごしていたところ、色々と気にかけてくれていたオリョが「ついてこい」と車に乗るよう促した。
チワワには9つの消防署があるようで、そのうちの3つに用事があるようだった。
最後の消防署には暗くなってから到着したのだが、バーベキューをしていたようで、「食べていきなさい」というお言葉に甘えごちそうになる。

IMGP0923_R.jpg

お世話になっている消防署も含め、4つの消防署を見たわけだけど、皆テレビやDVDを見て、スマホをいじり、勤務中にバーベキューをして楽そうな仕事だなと思った。
来世にメキシコ人として生まれ変わったなら消防署で働きたいとさえ思った。

貴重な半日休みの数時間を消防署巡りに使ったが、まあ面白かった。さすがにもう帰るだろうし帰宅後はまた読書の続きをしようと考える。
せっかちなのかオリョは消防車のサイレンを鳴らし、猛スピードで走り始めた。
もう帰るだけなんだし、そんなに急がなくてもいいだろと思う前を走っているジャマな車があれば拡声器で何か言い蹴散らし、職権乱用ではないかと思ったのだけど、向かった先は元いた消防署ではなく山であった。

IMGP0939_R_201712010005441a9.jpg

遭難というにはかなり大袈裟な小さな山だったが、「日没後も山から下りてこない人がいる」あるいは「下りれない」と第三者、本人から通報があったのかもしれない。
車で入れるギリギリのところまで行き、オリョは遠くに見えるライトを目指した。

IMGP0942_R.jpg

遭難者はか弱い女性でも、老人でもなく、若い男2人だったので、「自力でおりて来いよ」とぼやいてしまった。
消防署の巡回から始まり、4時間以上もオリョに付き合っていた。貴重な休みが…と思わないでもない。

IMGP0958_R_2017120100054701e.jpg

ようやく消防署へ帰還。
「君はゲストだから」と室内のベッドで眠るよう勧めてくれたけど、丁重にお断りし、テントを張る。やはりこちらの方が落ち着くのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。