ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 路肩が消えた朝

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路肩が消えた朝 



前日夕方に広い路肩が復活した。しばらくはそれが続くものと思っていたが、歩き始めた途端に路肩が消えたのはショックだった。
明るくなるまで1時間待つ事も考えたけど、ライトを点滅させながら歩く。自分以上に朝がやって来るのを待ちわびている人間はそう多くないはずだ。10数キロ歩いて路肩が現れる。

IMGP1016_R.jpg

何もない荒野に突如現れたOXXO。オアシスという表現がよく合う。

IMGP1042_R.jpg

翌朝もほんの少し歩いただけで広い路肩は消え去った。
「俺を殺す気か?」
路肩がない事が分かっていたら暗い時間の歩行は避けるのになぜこのタイミングなのかと思う。幸い轍の跡があったのでそちらを歩く。

IMGP1050_R_201712010133010d8.jpg

轍が消えれば、路肩の狭い道へ戻るしかない。

IMGP1053_R_20171201013303525.jpg

チワワから約150キロ地点のレストラン。
何もかもが高かったが、85ペソのハンバーガーを食べる。
前にチキン1羽買って85ペソだったが、そう考えるとやはり高い。

IMGP1060_R_201712010133047d9.jpg
IMGP1068_R.jpg

差し入れをいただいたが、瓶コーラを落として割ってしまい悲しくなった。

IMGP1084_R.jpg

歩けど歩けど良い場所がない。
しょうがないのでこの下にテントを張る。
吐き気を少し感じたが、多分昼のハンバーガーが原因。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。