ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- CD Juarez
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD Juarez 



日曜日の朝だからかやたらとコンビニが閉まっていて、ようやく現れたOXXOで朝食。

IMGP1217_R.jpg

ドル払いも可能で、レートが掲示されている。

IMGP1231_R.jpg

さらに歩いてセントロ到着。
しかし投宿した宿の周りの雰囲気はよろしくない。
シウダーファレスは治安が良くないと聞いていたが、現地人曰く「危険ではない」との事なので安心していた。
ちょっと用心する必要があるなと感じた。

IMGP1239_R.jpg

世界で最も危険な都市などと検索すれば、いくつかのサイトが出てきて、シウダーファレスが入っているかもと思ったが、ランク外であった。
これまで歩いた街でランクインしているのが、8位パルミラ(コロンビア)、9位ケープタウン(南アフリカ)、45位ペレイラ(コロンビア)。

南アフリカはヨハネスブルグの治安の悪さを言われる事が多いけど、「殺人件数はヨハネスブルグだが、発生率はケープタウン」と日本領事館の人が言っていたのを思い出す。

IMGP1230_R.jpg

ベスト50のうちほとんどが中南米なのだけど、何事もなく歩き抜けた事は良かったと思う。
メキシコの治安にしても皆危険と言い、一体何が危険なのかよく分からなかったのだが、それを知る事なく歩き終えたのは本当に幸いだった。
アフリカなんてネタが少ないなと不謹慎な事を思っていた矢先に強盗被害に遭ったので。

IMGP1243_R.jpg

宿周辺は治安が悪そうだけど、カテドラル周辺はきれいな街並み。

IMGP1248_R_201712010516379cf.jpg

翌日の国境越えに備え、下見。
メキシコ・米国間に架かる橋はここから渡れるらしく、4ペソか0.25ドルかかるとの事。24時間開いていると教えてもらう。

IMGP1269_R.jpg

米国方面へはなかなかの込み具合。
そういえばメキシコ北部ではテキサス州のナンバープレートを付けた車を度々目にした。
米国永住権を持ったメキシコ人が行き来しているようだ。

IMGP1267_R.jpg

橋からセントロへと至る通りの両脇にはかなりの数の両替屋が並ぶ。
お金が余ったら両替しようと思ったが、結局メキシコペソが余る事はなくすべて使い切った。
スーパーにて食料や酒を購入、コーヒーが飲みたければストーブで湯を沸かしてインスタントコーヒーなんて事はせずOXXOへ買いに行く。

IMGP1316_R.jpg

最後に食べたいものを贅沢にガッツリ食べようと何日も前から考えていて、無性にピザが食べたいのでピザにしようと店の下見までしていたのに、たまたま見つけた中華が美味しそうだったので中華。
ピザなんて米国でも食べれるしいいや。最後にタコスにしようかとも考えたけどそんな気分ではなかった。

IMGP1320_R.jpg

麺か米いずれかを選び、ウィンドーに並ぶ料理2品を選んで45ペソ。
最高に美味しくて夕食もここに来てしまった。店を経営するのはメキシコに来て13年という広東省出身の中国人だった。


順調にお金は減っているけど、まだ余っている。
米国に入ってもキャンプ生活は続くし、何日もシャワーを浴びれなければ不快になる。何が不快って伸ばしっぱなしの髪。
そんなわけで髪を切る事にした。40ペソと安いし。

スペイン語でこうしてほしいなどと説明できないので、大体この辺までと長さを指示。
すきバサミというものを持っていないのか、全く使う気配がないので嫌な予感はあったのだけど、ワカメちゃんそっくりの髪型で「ノーメグスタ(好きじゃない)」ときっぱり伝える。
一体こいつのセンスはどうなっているのか?どうやったらこんな髪型にできるのだろうか…。
「もう坊主でいいからバリカン使って刈ってくれ」と言い、今は寿司屋の見習いみたいな風貌である。

IMGP1311_R.jpg

美容師はおかまみたいだったし、隣の客もおかまだったので、おかま御用達の床屋だったのかもしれない。宿のレセプションもおかまだし、シウダーファレスはおかまが多い街だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。