ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 変わらないもの

変わらないもの 

7年振りのビシュケク。

IMGP8861_convert_20090710185342.jpg

当時怪しい日本語で話しかけてきた親日男性はゲストハウスを経営し、
その他にも外国人旅行者向けの宿がいくつか新設。

当時なかった日本大使館も今ではあり、
日本文化を広めるために日本センターなんてものまで開設。

当時ガイドブックで「ラグマンがおいしい」と紹介されていた食堂は姿を消し、
真新しい大型スーパーやカフェが建ち並ぶ。

携帯電話を片手に街行く人々、
若者も7年前と比べるとさらに垢抜けた印象。
百貨店のフロアは携帯電話のショーウインドウで埋め尽くされている。

ビシュケクで感じる7年という年月。
至る所で感じる変化。

思うことあって、昔滞在していた宿周辺を歩いてみた。
団地の一角にある中国人がウジャウジャいた宿。
近くにスーパーマーケットができていたものの、それ以外は当時と変わらぬ風景。
当時の記憶が鮮明に蘇ってくる。

ビシュケクを発つ際、後ろを振り返ると雪をかぶった山々が見え、写真を撮った。
そんな事を思い出し、同じ様に後ろを振り返れば、7年前と変わらぬ雪山が遠くに見えた。

IMGP8873_convert_20090701173757.jpg

時の流れと共に変化していくものが多い中、変わらないものを見つけると無性に嬉しい。



IMGP8912_convert_20090710190508.jpg
<写真>
アラメディンバザール。

IMGP8654_convert_20090710184828.jpg
<写真>
様々な香り漂う香辛料売り場。

IMGP8868_convert_20090710185631.jpg
<写真>
バックギャモン。
やり方忘れた。

IMGP8930_convert_20090710190219.jpg
<写真>
救援物資がビシュケクに届く。
ウイルス感染し、粗大ゴミと化していたPCをリカバリー。
歩行を支えるR×L SOCKS(武田レッグウェアー)も届く。

IMGP8841_convert_20090710185111.jpg