ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 1ヶ月振りのラフマット

1ヶ月振りのラフマット 

いざウクライナへ!

ロシア・ウクライナ国境はもう目の前。
意気込んで歩いていると、道脇に停車していたトラックから声がかかった。

IMGP2534_convert_20091112022705.jpg

「コシャリ、コシャリ」
飯食ってけ、とトラックに招いてくれたのは、愛すべきカザフ人ドライバー。

IMGP2533_convert_20091112023227.jpg

ロシアを歩行中、KZステッカーが貼られたカザフスタンのトラックを何度か目にする事があったけど、こうして声をかけられたのは初めての事。

1ヶ月振りに接するカザフ人に興奮。
「いやーあなたの国では色々と苦労したけれど、本当に素晴らしかった。ハラショー」

しかもこのドライバー、
アルマティ・ビシュケク間で山越えをしているところを見かけたというんだから、尚更嬉しい。
もう5ヶ月も前の話。
そんな彼と、今こうしてロシア・ウクライナ国境で接しているなんて不思議な感じ。

「お会いできて嬉しいです」
と、ガッチリ握手。

IMGP2537_convert_20091112023550.jpg

シュムケントからアスタナなどカザフ国内を回り、ロシアへ。
ここまで12日かかったのだとか。
これからウクライナを経て、モルドバへ向かうという彼ら。
仕事とは言え、アジアからヨーロッパへ。
往復1ヶ月にも及ぶロングジャーニー。

スケールの大きい話だと思いませんか?

「ラフマット」

別れ際、1ヶ月振りに使う感謝の言葉。
ウイグル自治区から幾度となく使った懐かしい言葉。

懐かしい響きだと思いながら、ウクライナへと向け歩き始めた。



IMGP2481_convert_20091112025310.jpg
<写真>
車輪復活後のリヤカー。
わずか2日でパンクしたりと、悩みは尽きない。
オデッサ辺りでこれまでのタイヤに合った車輪を見つけたいところ。

IMGP2527_convert_20091112024845.jpg
<写真>
上海以来の海。
黒海ではなくアゾフ海というらしい。

IMGP2281_convert_20091112025321.jpg
<写真>
さらばロシアンポリス。
ロシアではチェックポイントや巡回中の警察により、ほぼ毎日パスポートチェックがあった。
この写真のポリスは大変素晴らしい方々でした。

IMGP2549_convert_20091112025729.jpg
<写真>
日没後の越境。
5カ国目・ウクライナへ。
17時30分でこの暗さ、ライトで照らしながらテント設営地を探す。