ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Mariupol

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mariupol 

IMGP2660_convert_20091113130159.jpg

3ヶ月以上にも及んだカザフスタン、ロシアでの歩行。

水、食料の確保が難しい無人地帯が続いたカザフスタン。
無謀にも地図なし、さらには宿代の高さに悲鳴を上げたロシア。

風邪をひいたり、大雪に見舞われたり、車輪トラブルに見舞われたり、
足を止める日は数日あったものの、歩いて歩いて歩きまくる日々。

歩きまくる日々っていうのもそれなりに楽しいのですが、まあ疲れました。

IMGP2555_convert_20091113131103.jpg

気になって数えてみると、
7月末のビシュケク出発以来、ホテルに泊まったのは3ヶ所で計5泊のみ。
3ヶ月で計5泊のみ。

そりゃ疲れるわけだと思いながら、やって来ましたウクライナ。

現在地、ウクライナ・マリウポリ。
アゾフ海に面したこの街で長旅の疲れを癒し中。

IMGP2584_convert_20091113121523.jpg

久し振りに見る海。
マリウポリ滞在中は毎日、海が見えるこの場所まで足を運んでいる。

IMGP2580_convert_20091113122901.jpg

大きな街とは言えないものの、自分にとってはこの程度の大きさがちょうど良い。


このウクライナっていう国、入国直後、いや入国スタンプが押される前から、
国境警備兵やらイミグレ職員が非常にナイスガイな方々で、好印象を抱いていたわけですが、ウクライナ人ってとても親切でフレンドリーです。

他人に無関心でどこか冷たい、
ヨーロッパにはそういう印象があったものの、
歩行中に立ち寄る小さな町や村、
そこで出会う人達。
ロシア、そしてウクライナと、温かな人達と出会う事ができ、杞憂に終わりそう。

ただ、ヨーロッパに入り、水や食料の確保に悩まされる事もなく、無人地帯があるわけでもなく、これまでと違い、何の苦労もない、とてもぬるい環境となった。

IMGP2572_convert_20091113122000.jpg

これまでは、蛇口をひねれば水が出る環境、ボタン一つで流れる水洗トイレ、夜の街を照らす街灯、街に設置されたゴミ箱、
街に着く度に、そんな環境に身を置く度に、キャーキャー言ってはしゃいでおりましたが、
このマリウポリでは、トイレに紙を流せる事に感動。

ここはヨーロッパなのだと改めて思う。
そろそろこの環境にも慣れないと。



IMGP2614_convert_20091113125819.jpg
<写真>
ホテルの厚意により、タダで泊めさせてもらっています。
写真を見れば分る通り、立派なホテルです。
朝・夕食付き。

IMGP2648_convert_20091113132346.jpg
<写真>
散らかし放題の部屋。

IMGP2643_convert_20091113145000.jpg
<写真>
部屋の窓から見る久々の青空。

IMGP2653_convert_20091113130341.jpg
<写真>
食料の心配は全くないものの、スーパーで食料を買い込む。
ヨーロッパに入っても主食はラーメン。
ウクライナの地図も買い、準備は整った。

IMGP1987_convert_20091114031455.jpg
<写真>
ロシアで出会って以来、かなりはまっているお菓子。
歩行中、商店を見つける度に、買い求めてます。

IMGP2579_convert_20091113131449.jpg
<写真>
10日前は大雪、冬でしたが、ここはまだ秋。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。