ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- TOKYO

TOKYO 

ブラブラ歩きが楽しい。
レトロなトラムが街を走り、これまで訪れてきた中国やカザフスタンとは異なる街並みや雰囲気。

ガイドブックもなければ、地図もない。
どこに何があるのか分からないものの、毎日あてもなく歩いている。

IMGP3347_convert_20091209173501.jpg

そんなオデッサの街歩きから戻る先はトーキョー。
トーキョーなんたらっていうホテル。

オデッサに東京。

なぜにこの洒落た港町に東京なんていう極東の大都市の名前をつけたホテルが存在するのか。

過疎化が進む寂れた田舎町で見る「パーラーラスベガス」なんて大袈裟な名前のパチンコ屋くらいの違和感を感じる。不釣合いこの上ない。

経営者が日本人というわけでもなければ、
レセプションに日本語が通じるわけでもない。
日本の新聞もなければ、衛星放送も視聴できない。
ウクライナ人がウジャウジャ。
レセプションには提灯が吊らされ、壁には扇子が掛けられているも、
どちらかと言えば中国風。

チェックイン時、「なんでトーキョーなの」と尋ねてみれば、

「ジャパニーズスタイル」なのだとか。

ジャパニーズスタイル、よく分からない答えだけど、
部屋へ入って納得。

IMGP3260_convert_20091209172637.jpg
IMGP3262_convert_20091209172557.jpg

首都圏によくあるカプセルホテル風って事でしょうか。

狭いけど、一応は個室なので居心地は悪くない。
テント張る日々だったので、雨・風をしのげる環境っていうのは本当に素晴らしいなと。

でも、荷物が多いので、足の踏み場もなければ、
ベッドの上はこんな感じに。

IMGP3502_convert_20091209173135.jpg

我ながら汚い。

この狭い部屋で、久々に荷物を整理してみれば、
ダッフルバッグの中からは、ネズミの死骸が2体。

泣きたい。

実際のところ、このクソ狭い部屋に泊まったのは2泊のみ。
今後しばらくの宿代を支払っているからか、広い部屋へと移る事ができた。

IMGP3782_convert_20091210234844.jpg

極楽極楽。
WiFiも使い放題で、最近は部屋に引き篭ってます。外寒いし。

もうしばらくオデッサのトーキョーに滞在予定。