ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ブルガスへ

ブルガスへ 

凍傷を負った翌朝、まずぼくは10キロ離れたネセバの病院へ運ばれた。
しかし、思っていた以上に状態が悪く、そこから40キロ、さらに大きな病院があるブルガスへ救急車で搬送され、1月23日を最後に歩行中断する事となった。

当初は日帰りで戻るつもりで、リヤカーなどほぼ全ての荷物はハンティングクラブに残したままだったが、入院後数日して、猟帰りなのか、仕留めたキツネと共にリヤカーごと荷台に載せられ、運ばれてきた。

IMGP5515_convert_20100205195151.jpg

そしてリヤカーごと病室へと運ばれた。
巡回のドクター、掃除のおばちゃんに好奇の目でジロジロ見られたのは言うまでもない。


いずれ歩行を再開する事になるのだが、まずは歩行を中断したハンティングクラブへ戻り、ブルガスへの空白の50キロに足跡を残さないといけない。
そして何より、お世話になった事に対する感謝を伝え、迷惑をかけた事を謝らないといけない。併せて現状の報告、少しずつ回復している事も。

引き篭り生活が続いている現在。
不健康この上ないのだが、

IMGP5570_convert_20100214233529.jpg

食事はなるべく野菜を摂取し、

IMGP5578_convert_20100214233749.jpg

さらにはドクターから勧められたビタミンなども。

その甲斐あってか、順調に回復中。
そして昨日、「とりあえずブルガスまで歩こう」と思い立ち、ハンティングクラブへ戻り、ブルガスへの50キロを歩く事にした。


スピードスケートの日本人選手の活躍を見届け、朝一で乗り込んだヴァルナ行きバス。
朝日に照らされた黒海が美しく、日の出前に歩き始め、少しずつ変化していく空の色を楽しんでいた日々を懐かしく思う。
3週間も足を止めているうちに、日の出、日の入りの時間などすっかり忘れてしまった。

ブルガスからネセバへの黒海沿岸部は雪など全くないのだが、山へ入った途端、一面銀世界。バスはノロノロと上り坂を進み、しばらくするとハンティングクラブが見えてきた。

IMGP5585_convert_20100217030057.jpg

山中に1軒ポツンと建つハンティングクラブ。
「なぜこんな所で下車するのか」と不思議そうな顔をしている運転手に下車する事を伝え、およそ3週間振りの歩行中断地点へ。

IMGP5590_convert_20100217030228.jpg

温かく迎えてくれ、親切にしてくれたおばちゃんに会えなかったのは残念だが、オーナーにしっかりと感謝の気持ちなど伝えた。


これまでも沢山の人に助けられてきたわけだが、改めて感謝をしつつ、こうしてまた歩ける事に感謝しつつ、ブルガスへの一歩を踏み出した。

あの夜、ぼくを苦しめた上り坂は15分歩いたところで終了。
あとはひたすら下るのみ。
快調に進んでいると黒海が姿を現した。

IMGP5628_convert_20100217031205.jpg

ちなみにブルガスは矢印の辺り。
弓の様な形の黒海沿岸部。その先端に位置する。
ここよりおよそ40キロ。


その後も歩き続け、ブルガスへ。

IMGP5656_convert_20100217031123.jpg

だが、ブルガス入りこそしたものの、残念ながら50キロを歩き抜く事はできなかった。

午前中こそ4時間ぶっ通しで歩いたものの、やはり久々の歩行だからか、30キロを過ぎてから極度の疲労、足の痛みを感じ、足を止め道脇に座り込む頻度が増した。
足が痛い、腰も痛い。前方にホテルの建物が見えていたのだが、色々と考えた結果、無理せず5キロ手前で今日はリタイヤ。バスに乗り込んだ。

もちろんこの空白の5キロもしっかりと歩き、上海からの足跡をブルガスまで残します。



IMGP5605_convert_20100217030334.jpg
IMGP5617_convert_20100217030508.jpg

IMGP5630_convert_20100217033228.jpg
IMGP5652_convert_20100217030950.jpg
IMGP5622_convert_20100217030636.jpg
IMGP5643_convert_20100217030832.jpg