ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- priceless

priceless 

IMGP6284_convert_20100227235414.jpg

サッカーチケット 30TL

IMGP6283_convert_20100227235219.jpg

ステッカー 5TL

IMGP6281_convert_20100227235530.jpg

ユニフォーム 18TL

IMGP6431_convert_20100301062321.jpg

スタジアムでの興奮 priceless

なんてMasterCard風に始めてみます。


イスタンブール滞在の目的の一つであるサッカー観戦へ行ってきた。

IMGP6386_convert_20100301061406.jpg

Turkey Super Ligi
Galatasaray-Kasimpasa SK

トルコを代表するサッカーチームとして挙げられるのがガラタサライ、フェネルバフチェ、ベシクタシュの3チーム。いずれもイスタンブールを本拠地としている。
今回の目的はガラタサライ。数年前まで稲本潤一選手が所属していたチーム。
ちなみに元日本代表監督ジーコが指揮をとったのがフェネルバフチェです。

昔、ガラタサライのチャンピオンズリーグを観戦して以来、その際にサポーターが歌っていた歌のメロディ、「ガ~ラ~タ~サラ~イ」とガラタファンの男達の太い歌声が今尚耳から離れないでいる。日本で生活してても時々思い出すくらいに。

今回、イスタンブール行きを決心させたのは、あのスタジアムの雰囲気をもう一度味わいというのが決め手になっている。ガラタサライ-ベシクタシュのイスタンブールダービー、ヨーロッパリーグと2月は本当に熱い日程だったのだ。
残念ながら、イスタンブールに到着した25日、ガラタサライ、フェネルバフチェ共にヨーロッパリーグ敗退が決まってしまったものの、2月末から3月にかけて、以下の試合観戦を予定している。


2.28 Galatasaray-Kasimpasa SK
3.3 Turkey-Honduras
3.7 Fenerbahce-Antalyaspor
3.10 Besiktas-Istanbul.B.B
3.14 Galatasaray-Ankaragucu
3.21 Kasimpasa SK-Besiktas or Fenerbahce-Gaziantepspor
3.24 Fenerbahce-Vestel Manisa (Turky Cup)
3.28 Galatasaray-Fenerbahce


観戦しすぎですか?
イスタンブールに長居しすぎですか?
療養中なのであしからず。
宿代はもう3月28日までを支払済みです。フフフ。

ガラタサライ-フェネルバフチェのイスタンブールダービーを観戦したら未練なくイスタンブールを去れるかと。

3月3日はAマッチ、トルコ代表の試合。
チケットは7日のものまで購入済み。

ガラタサライ主催試合30TL、フェネルバフチェ主催試合22TL。
いずれもゴール裏、最安のチケット($1=1.5TL)。
3日のトルコ代表戦は10TL。カテゴリーは3つくらいしかなく、リーグ戦と比べ割安なので、最も高いチケットを購入。

さすがにガラタサライの試合のためにトルコ国内を移動する気はないので、イスタンブールでガラタサライの試合がない時はフェネルバフチェ、ベシクタシュの予定。雨が降ったら行かないけど。


これまで会ったトルコ人ともサッカーの話をする事が多く、約6割がガラタサライファン、残りの4割がフェネルバフチェ、ベシクタシュを応援している人達という感じで、やはりガラタサライの人気が圧倒的。今日はこんな犬とも出会った。

IMGP6366_convert_20100301061333.jpg

ガラタサライ、フェネルバフチェ、ベシクタシュ以外にもイスタンブールに本拠地を置くチームが2チームあり、今日のカシムパシャもその一つ。ある意味イスタンブールダービーなものの、ガラタサポーターに圧倒されていた。

IMGP6546_convert_20100301065034.jpg

ほぼ満員のスタジアムの中、カシムパシャサポーターが陣取るのは上写真の左端の人口密度が低い部分。

IMGP6522_convert_20100301064715.jpg

バックスタンドも、

IMGP6476_convert_20100301062141.jpg

ゴール裏も、ガラタサポーターで埋め尽くされている。

ゴール裏だけでなく、メイン、バックスタンドのサポーターも声を張り上げ、男達の歌声が絶え間なく響き渡り、スタジアムは揺れ、当然ながら雰囲気は最高。やばいです。
安いゴール裏の席でこの雰囲気を味わうつもりで来ていたのだが、嬉しい事にとても見やすいスタジアムで試合もしっかりと楽しませていただいた。

IMGP6506_convert_20100301062735.jpg

まさにpriceless。お金で買えない価値がここにはある。


試合内容は省略。
ガラタサライ所属選手ってほとんど知らないのだけど、数少ない知っている選手のキューウェル、バロシュは怪我で欠場。監督のライカールト、ケイタくらいしか分からなかったものの、背番号30が光っていた。
メキシコ代表ジョバニ・ドス・サントス。ワールドカップは要チェックです。

後半はグダグダで同点に追いつかれたものの、終わってみれば4-1の大勝。
先日のヨーロッパリーグの同点ゴール、そして今日の勝ち越し、ダメ押しとケイタが素晴らしすぎます。いつになったらこんな選手が日本に現れるのでしょうか。

IMGP6524_convert_20100301062047.jpg

試合終了後、スタジアムの外に出てからも、「オ~ガラタサラ~イ」と男達は勝利の歌を歌い続けた。
そして今、頭の中で「オ~ガラタサラ~イ」がリフレインしている。