ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ガラタ橋釣竿計測

ガラタ橋釣竿計測 

IMGP6783_convert_20100303033336.jpg

朝から青空が広がり、絶好のガラタ日和。
今日も元気にガラタ橋。

いつもの様に釣り人を眺めながらガラタ橋を歩いたのだが、我ながらくだらない事を思いつくもので、せっかくなので釣竿の本数を数えてみる事にした。

ガラタ橋を訪れ、「釣り人多いなあ」と思う人はいても、釣竿の本数まで把握している人は皆無ではないかろうか。今まで何人の人間がガラタ橋で釣竿の本数を数えたのだろう。
そんな事を考えていると、さっきまでくだらないと思っていたものの、意義のある事にも思え始めた。ガラタ愛あってこその計測活動であるのだ。どうせ暇だし。

もしかしたら、日本人初のガラタ橋釣竿計測なのかも知れない。
「日本人初」だとか「ガラタ橋釣竿計測活動家」なんていい響きではないかと、くだらない使命感を感じながらの調査を開始した。

IMGP6807_convert_20100303032931.jpg

■計測日時
2009年3月2日12時頃

■計測方法
まず往路、新市街へ向かい左側の釣竿を数え、対岸で食事を済ませた後、復路はもう一方の側の釣竿を数える。計測するのは釣り人の数でなく、釣竿の本数。

IMGP6826_convert_20100303035440.jpg

■結果
往路195本、復路167本、計362本の釣竿を確認。


曜日や時間帯によって変動があるとは思うけど、362本という数字が出た。
初日なのでこの数字については何とも言えないものの、今後も継続して計測し、様々な角度から考察できればと。
今回の計測により、ガラタ橋への愛がさらに深まった気がします。


とりあえず今後は、日本人初のガラタ橋釣竿計測活動家を名乗らせていただこう。