ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- もやもやしながら準備中

もやもやしながら準備中 

最近やたらと日付を気にするようになった。


学生時代、夏休みが終わりに近付くにつれ、憂鬱な気分になった。
社会人時代も年末年始の休み、夏休みが終わりに近付くにつれ、ため息の数が増えた。

まさにそんな感じ。
イスタンブール滞在が終わりに近付いている。


上海からの14ヵ月半というのは自分のやりたい事をやっているわけで、非常に贅沢な時間であり、長い長い休暇みたいなものなのかもしれないけど、40-50キロ歩く日々、テントで寝泊りする日々から解放され、宿に泊まって食って寝て、自分の好きなように時間を使える現在っていうのは、学生時代、社会人時代の夏休みみたいなものなのだ(一応療養中)。

これまでもビシュケク、オデッサ、ブルガスで長いこと足を止めたけど、いたくていたわけではなく、それぞれに理由があってのロングステイだった。
現在もまた療養という名目があるにせよ、イスタンブールには自ら望んでの滞在。毎日が楽しい。本当に楽しい。

どっぷりと腰を落ち着かせているうちに、歩行意欲は失せ、出たくない、歩きたくないとそんな風に思うようになった。モチベーション低下中、そりゃ楽な方がいいですから。
歩行開始日が近付くにつれ、もやもやとした気分になり、日付を確認する度にうんざりとした気分になる。


しかし、ぼくは歩かないといけない。


うんざり、もやもやなどと言っているけど、歩き、テント張る日々も嫌いではないし、むしろ好きだし、好きじゃなきゃ11000キロも歩けないし、この憂鬱な気分は一時的なもので、歩き始めればすぐに気持ちを切り替える事ができるはず。

イスタンブールではいくつかやらないといけない事があり、それらに全く手をつけていなかったので、歩行再開に備え、少しずつ準備をしている。

IMGP9282_convert_20100320030804.jpg

まずは名刺作成。
歩行中に出会った人、お世話になった方々に渡そうと、日本から500枚の名刺を持って来ていたものの、ウクライナにてなくなる。
ファティさんに名刺作成会社をご紹介いただき、現在作成中。
写真を使って凝ったものを作ろうと思ってたけど、面倒なのでトップ画像をそのまま使用し、手抜き。

IMGP9360_convert_20100320031243.jpg

マットや工具類も揃えた。
マット(12TL)、ゴムひも(2TL)、スパナ(4TL)。

地面に石があってゴツゴツしていようが、かまわずその上にテントを設営し、眠ってきたが、さすがに雪上、コンクリート上は地面に体温を奪われ、シュラフの中に入っていてもきつかった。
今後雪の心配をする事はないのだが、一応購入しておいた。別の店では安いものでさえ19ユーロ(約38TL)もしたので12TLなら悪くない。以前使っていたものより厚い。


IMGP9388_convert_20100320032018.jpg
IMGP9385_convert_20100320031744.jpg

髪も切った。
1月頃から切ろうと思っていたが、ようやく切る事ができた。
床屋を見つける度に料金を尋ね、最も安かったカシムパシャにて。
中国、キルギスに続き、この旅3回目。ビシュケク以来なんで8ヶ月振りです。
これまでイラン、グルジア、エジプト、イエメンでも散髪。
海外で髪を切るのは楽しく、また怖くもあり。
イラン、イエメンはひどいものだった。

証明写真を見せ、「こんな感じで」とお願いする。
伸び放題の髪にザクザクとハサミをいれ、髪がどんどん落ちていく。
珍しい日本人の客だからか、外から数人のトルコ人が笑いながら眺めていた。
「チャイを飲むか」との誘いに頷けば、すぐに隣のチャイ屋からチャイが運ばれてきた。
散髪を中断してのお茶の時間にトルコらしさを感じる。
「もっと短くしてほしい」とジェスチャーでお願いし、随分とすっきりとした。
言葉通じずとも何とかなるものだ。


あとはできればシートを買い替え、食料を揃え、デジカメデータをDVDに焼いて、日本に荷物を送って、日本からの荷物を受け取ってと、まだまだやる事は多い。
歯医者を予定してたけど中止。


学生時代、社会人時代の夏休みみたいなもの、と例えたけど、それらと違うのは、始業日を遅らせる事ができてしまうという事。歩行開始日を予定より遅らせる事ができるという事。

宿代をさらに3泊分支払って、4月1日からの歩行再開を予定。
年度始めに新たな気持ちでというか、もう3日グータラというか。
どちらかと言えば後者かな。