ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- French Walker

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

French Walker 

自家用車、バイク、原付、自転車、バックパッカー、
あぁそういえば、ビシュケクにはこれから馬に乗って旅するというイングランド人もいたっけ。

旅の仕方は人それぞれ、決して多くはないけど色々な人とここまで出会ってきた。
しかし、どうしても出会う事のできなかった人。


それは徒歩旅行者。


小さな町や村を抜け、国境を越え、自分と同じ様にこのユーラシア大陸を歩いている人。
そんな人と出会う事はなかったのだけど、ここソフィアにてようやく出会う事ができた。

IMGP0887_convert_20100417020548.jpg

フランス人マキシム。
フランスからここまで3ヶ月かけて歩いてきたのだとか。

首に巻いてる白いのとか、服の柄とか、徒歩旅行者と思えない程、洒落ている。
巻き方なんかも洗練されてますね。垂らし方とか、長さの配分とか。
フランス人かっけーと思いながら、色々と話す。


「ルーマニアはどうだった?」 「・・・(沈黙)」

セルビア人のヨビッチさんと会った?」 「誰それ?」


イスタンブールで会ったイングランド人然り、ルーマニアの評判はあまりよろしくないようで。
ちなみにぼくはルーマニアから逃げたのだが、ルーマニア人のお宅でお世話になったり、食事をごちそうになったり、彼らの温かさは知っているつもり。
でもなんていうか、この国を好きとは言えない何かがあった。

そしてヨビッチさん、あなた今どこ???



「Why are you walking?」

ナゼアナタハアルイテイルノデスカ?
彼が投げかけてきた言葉、これまで幾度となく尋ねられてきた言葉。
いつもの様に説明、ああこうして説明するのは何度目だろうと思いながら、歩く理由を説明する。

話し終えた後、少し笑いながら彼は言った。

「me too」

これまでも説明する度に「グレイト」と言ってくれる人がいたり、あるいは英語が通じず、キョトンとしてる現地人がいたり、反応は様々。少なくとも「me too」なんて返す人はいなかった。まあ歩いている人と出会えなかったので当然なのだが。

しかしこれは素直に嬉しい事で。
山道では呼吸を乱し、どんよりとした今にも雨が降り始めそうな曇り空に「降るなよ」と呟き、日没前にはどこで夜を明かすか考える毎日、あるいは寒さに震えたり、自分と同じ様にそんな経験をしているであろう彼が言った「me too」。同意した「me too」。

きつい事もあったりするけど、でも歩き続ける。
歩いているからこそ出会える人達がいて、景色があるから。



最後にもう一つ。

「Why are you walking?」

なぜ歩いているのか?
なぜバスじゃないのか、車じゃないのか?

そう尋ねてきた現地人の方々に一通り理由を説明した後、英語が通じなくてもぼくはジェスチャーを交え、こう言っています。

「歩いているからこそ、今こうやって、あなた達と会えてるんじゃないか」と。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。