ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Kreba Palanka

Kreba Palanka 

IMGP1517_convert_20100421002353.jpg

周囲を山々に囲まれたこの小さな村はそんな名前なのだとか。
宿の主人に聞くまで知らなかったけど。

IMGP1490_convert_20100421012331.jpg

昨日に続き、山道に打ちのめされ、さらには冷たい雨。
息を切らし、何度も足を止めた国境への上り坂。
額からは汗がしたたり落ち、汗で濡れた体からは湯気が立つ。
乱れた呼吸を整え、また歩き始める。

IMGP1484_convert_20100421001406.jpg

朝から14キロ程、ひたすら上り、ようやく現れた国境への標識。

ブルガリアに滞在すること、延べ44日。
色々とあったけど、この1キロで終わり。
最後くらいはかっこよく終わろうと思ったのだが、さらに勾配のきつい坂で、顔を歪め、ヒーヒー言いながらゆっくりと進み、国境に到着。


出入国手続きを終え、10カ国目マケドニアの地を歩き始めた。

IMGP1492_convert_20100421001530.jpg

振り返ればブルガリア。

マイナス20度、雪山で凍傷を負い、入院。不安に押しつぶされそうになった事、
ハンティングクラブ、ドクター、多くの方々の助けがあって、再び西を目指せるまでに回復した事、歩行中たくさんの人に声をかけてもらった事、

まあこの国では色々とありました。

現地の方との出会いはもちろん、凍傷なんて悲惨な経験もしないがいいに決まっているけど、今となっては貴重な経験だったと思います。

ソフィアを出てからも2日と少し、先日のテレビ放送のおかげで、たくさんの嬉しい出会いがあり、最後の最後までブルガリア人の温かさに触れる事ができました。
感謝、感謝、感謝です。

あと2周くらいブルガリア国内を回ってもいいくらいにこの国が好きになりました。

愛してますブルガリア。
さようなら。

Благодаря

IMGP1493_convert_20100421001751.jpg

マケドニア入国後はブルガリアで貯めた貯金を使い果たすかのようにひたすら下りが続き、500メートル一気に下る。
この2日間、ひたすら山道を歩いていたからか、足が重く、疲労を感じ、27キロ歩いたところで歩行終了。

昼食をとった所が幸運にもホテルに併設されたレストラン。
ホテルに泊まる事などめったにないのだけど、とにかく疲れていた。


首都スコピエまで100キロ。



IMGP1502_convert_20100421002052.jpg
<写真>
マケドニア入国後、最初に出会ったおばちゃん。
まだ10キロ程しか歩いてないけどいい感じです。

IMGP1516_convert_20100421002225.jpg
<写真>
ホテル。