ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 信念と執念なのです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信念と執念なのです 

歩き続けるのも、足を止めるのも、あきらめるのも、全て自分次第。

山や無人地帯、厳しい環境下での歩行は自分を試されている気がする。
誰かと競っているわけでもなければ、監視の目があるわけでもない。
車なんかに乗って山を越えれば楽であるに違いない。
けど、ここで動力に頼れば全てが無になるという事は自分が一番良く知っている。
汗を流し、ヒーヒー言いながら歩き続けたのは、信念であり執念なのだと思う。

偉そうな事言ってるけど、せいぜい標高1000メートル程の山。
でもぼくが凍傷を負った山も500メートルの山。
山は山。



IMGP2646_convert_20100508173740.jpg
<写真>
最後の山越え。

IMGP2623_convert_20100508174346.jpg
<写真>
上りもきつく、陽射しもきつく、汗をかく。

IMGP2671_convert_20100508174114.jpg
<写真>
山道で出会ったドイツ人ライダー。

IMGP2681_convert_20100508174203.jpg
<写真>
視界が開け、町を見下ろす。
120キロ程続いた山道が終わった。

IMGP2725_convert_20100508174829.jpg
<写真>
シュコデルでは自転車がたくさん走っていた。
こんなに多くの自転車は中国以来かと。

IMGP2734_convert_20100508174909.jpg
<写真>
イタリアまで855キロ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。