ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 野宿コレクション2

野宿コレクション2 

IMGP4644_convert_20100516051437.jpg
■ウクライナ
2009年大晦日。
昼夜共にポリスの護衛付きで歩いていたので、ポリスも隣のガソリンスタンドに泊まりこんだ。

IMGP5408_convert_20100205194746.jpg
■ブルガリア
朝起きてみれば、一夜にしてテント周りは雪。
夜は氷点下15~20度。
断熱マットを処分し、持っていなかったので、雪上のテントはとても悲惨なものだった。
この夜、凍傷を負った。

IMGP5997_convert_20100516052353.jpg
■トルコ
イスタンブール近郊。
街に近付く程、テント設営に適した場所は見つからず、道脇にテント。

IMGP0151_convert_20100516050009.jpg
■トルコ
天候が不安な時は屋根付きの場所が望ましい。

IMGP0272_convert_20100516050024.jpg
■ブルガリア
トルコとの国境近く。

IMGP0754_convert_20100516050325.jpg
■ブルガリア
高速道路のサービスエリアのガソリンスタンド裏。

IMGP0799_convert_20100414002124.jpg
■ブルガリア
高速道路脇。
どこで眠るかなんて決まっていない。テントを張るのに適した場所が見つかる日もあれば、高速道路脇にテントを張らざるを得ない日もある。

IMGP1417_convert_20100516050708.jpg
■ブルガリア
雨の中見つけたバス待ち所の様な場所。
一応隣のレストランに許可をいただいた。
テントを張るにしても、家や商店などが近くにある場合、一応許可というか、歩いている日本人という身分を明かした上で、そこに寝ている。不審者に見えるのは承知しているので。

IMGP2388_convert_20100516051039.jpg
IMGP2544_convert_20100516051402.jpg
■アルバニア
共にガソリンスタンド裏、隣。
コソボから3日連続でガソリンスタンド近くにテントを張った。
人目につかない所よりも安心して眠れる。

IMGP1332_convert_20100516050647.jpg