ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Split-Slovenia

Split-Slovenia 

IMGP4677_convert_20100606072524.jpg
<写真>
目指すはスロベニア国境近くに位置するリエカ。

IMGP4702_convert_20100606072525.jpg
<写真>
「ドブロブニク、スプリット手前、そして今回。あなたを見るのは3度目なの」と、オランダ人夫婦が話しかけてきた。

IMGP4763_convert_20100606074226.jpg
<写真>
ドイツ人やハンガリー人など、何度かキャンピングカーが停まった。

IMGP4732_convert_20100606072609.jpg
IMGP4735_convert_20100606074131.jpg
<写真>
差し入れをくれたミラン、トニ兄弟。
彼ら以外にもたくさんの出会いがあった。

IMGP4773_convert_20100606074242.jpg
IMGP4775_convert_20100606074724.jpg
<写真>
色々とお世話になったカフェ。

IMGP4793_convert_20100606074754.jpg
<写真>
コソボやボスニアならまだしも、まさかクロアチアでこんなものを目にするとは思ってもいなかった。地雷注意の看板が広範囲に渡って設置。
旅行者が多く集まるアドリア海沿岸の町からは紛争があった事など微塵も感じられないが、こういう現実がある。

IMGP4814_convert_20100606080833.jpg
<写真>
人気のない場所などでなく、道路沿い、町や畑といった人々の生活圏のすぐ側にある地雷未撤去地帯。

IMGP4819_convert_20100606080906.jpg
<写真>
紛争犠牲者の碑。
名前、生年、没年が刻まれ、没年は皆1992年。
20年近く前の出来事だけど、まだ20年弱しか経っていないのだと改めて気付く。
碑の後ろには、ここにも地雷注意の赤い看板。

IMGP4864_convert_20100606081730.jpg
<写真>
地雷注意の看板を見た後、茂みの中にテントを張るのは怖い。
恐る恐る足を踏み入れ、設営。

IMGP4806_convert_20100606074812.jpg
IMGP4825_convert_20100606081019.jpg
IMGP4837_convert_20100606081259.jpg

IMGP4810_convert_20100606075146.jpg
<写真>
クロアチアの高速道路は歩行可能。

IMGP4856_convert_20100606081323.jpg
IMGP4859_convert_20100606081427.jpg
<写真>
イギリス人、名前は忘れた。
これまで出会ったサイクリストと同じく、1日の走行距離は150キロだとか。
同じ人力とは思えないほどの機動力の差がある。
あっという間に背中が小さくなった。

IMGP4913_convert_20100606081725.jpg
<写真>
廃墟で雨宿り。

IMGP4927_convert_20100606081829.jpg
IMGP4930_convert_20100606082207.jpg
IMGP4934_convert_20100606082315.jpg
IMGP4946_convert_20100606082308.jpg
IMGP4970_convert_20100606082630.jpg
IMGP4975_convert_20100606082833.jpg
IMGP4978_convert_20100606082900.jpg
IMGP4986_convert_20100606083346.jpg
<写真>
自動車道侵入。

IMGP5013_convert_20100606084916.jpg
<写真>
スロベニアへ。

IMGP5022_convert_20100606083735.jpg
<写真>
スロベニアは30キロ歩いただけなのだが、職務質問は3度。
5ヶ月歩いた中国も同じく職質3度。
いかにスロベニア警察が職務を全うしているかよく分かるかと思います。

IMGP5029_convert_20100606083933.jpg