ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 今後しばらくは宿に泊まらないと思う

今後しばらくは宿に泊まらないと思う 

クロアチア辺りからキャンピングカーや自家用車で旅行する人達、ライダーの数が急増。
それに伴って道路沿いでは多くのキャンプ場を目にした。

金払ってキャンプ場にテントを張るくらいならその辺で野宿するわ、と利用する気は全くなかったのだけど、これからしばらくキャンプ場のお世話になる事が増えそう。

円高ユーロ安の現在であっても、今後向かうフランスの物価、宿泊代がずいぶんと高く感じられるのです。たかが宿代に20ユーロ以上払うのはきつい。1泊30ユーロとかありえませんって。
基本的には適当なところで野宿ですが、1週間に1回くらいはシャワー浴びたり、洗濯のためにキャンプ場へ行くつもり。幸いな事にフランスにはキャンプ場が多いらしいので。

そんなわけで、今後しばらくは宿には泊まらないと思う。

IMGP5320_convert_20100607065623.jpg

現在滞在中のヴェネチア、実はキャンプ場を利用しておりまして、日本では余り馴染みのないキャンプ場とやらを簡単にご紹介。

IMGP5318_convert_20100607065207.jpg
IMGP5296_convert_20100607061558.jpg

安ければ自分のテントで過ごすつもりでいたのだが、成人1名+テント設営代で12ユーロ。キャンプ場のテントなら1ベッド12.5ユーロ。
セキュリティ、快適さなど、キャンプ場のテントで過ごす方が当然ながら良いわけで、料金も全く変わらないのでキャンプ場のテントに宿泊中。

IMGP5316_convert_20100607065159.jpg

コンセントもあるし、WiFiも使え、今のところテントも1人使用のシングル状態なので、かなりのお得感を感じる。
キャンピングカー、ライダー以外にもバックパックやスーツケースを持った旅行者もやって来るのだけど、多くのテントがあるので、別のテントへ回されてます。
基本的にはあくまで相部屋。
しかしながらヴェネチアに12.5ユーロで滞在できる宿は他にないかと思われる。

ただ、ヴェネチアの中心部からは10キロくらい離れてます。
中心部まではシャトルバスも出ているので、ヴェネチア観光に問題はないけれど、郊外なので歩いて探すのには少し苦労した。

IMGP5330_convert_20100607070725.jpg

こちらは39ユーロと言われた。
ネットで見る限り、1ベッド13ユーロだと思うけど。

IMGP5299_convert_20100607064203.jpg

キャンピングカーなんかは自前のテントで過ごしている。
車、バイクにも入場料がそれぞれかかり、ペットの入場も2ユーロかかるらしい。
犬を車に乗せてる人ってけっこういるのです。

IMGP5323_convert_20100607065649.jpg
IMGP5331_convert_20100607070752.jpg

レストラン、マーケットも併設。
マーケットはやや割高であるものの、イタリア人は日曜日は働く気がなく、基本的にスーパーなど営業していないので、あって困るという事はない。最寄の大型スーパーまでは徒歩30分らしいし。

IMGP5306_convert_20100607064237.jpg

到着日、11日振りのシャワーを浴び、すっきりとした後の夕食。
ビール4ユーロ、ピザは6.5ユーロ。マルガリータなら5.5ユーロ。
ビールが高い気がします。

IMGP5324_convert_20100607070149.jpg
IMGP5327_convert_20100607070246.jpg

ムダに設備は充実。
家族、友達で滞在するならともかく、さすがに一人でプールで遊ぼうとは思えず、今日は完全休養日なので、洗濯したり、ネットしてゆっくりと過ごす。

ここはかなり充実したキャンプ場だと思うけど、まあこんな感じです。