ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Carrion

Carrion 

ブルゴス郊外でスペイン3度目の高速道路侵入。
路肩の端をのんびりと歩いていると、前方に標識が見えた。
これから先、主要都市への距離を表示した標識。
これから2日かけて歩くValladolidへの距離はどれくらいかと思いながら前進。
近付くにつれ、次第に大きくなっていく標識。
その文字が大きく見える位置まできた時、「うおっ」と思わず声を上げる。

IMGP7019_convert_20100717225959.jpg

はじめまして、ポルトガルさん。

地図でポルトガルまで約350キロであると把握してはいても、いざこうして道路上に標識として現れると、いよいよだなとかもう少しだとか、改めて思うわけです。

なんかよく分からないけど、胸が熱くなり、しばらく標識の前に立ち止まり、「Portugal」という文字を眺めていました。出発準備をしていた時の事、上海を出発した時の事など、振り返っていました。

あの時、辿り着けるか全く確かでなかったポルトガルはもう目の前。

モチベーションは急上昇、「よしっ」とさらに強い気持ちを持ち、歩き始めたのだけど・・・

10キロ高速道路を歩き続けても、一般道は現れる事はなく、一度高速を出て、現地人にこの先の一般道について尋ねてみたところ、「一般道なんてないよ、高速だけ。歩いちゃダメだよ」という素敵な答えが返ってきた。

なるほど。確かに地図を広げてみても、高速道路しかない。
それは分かっていたけど、ブルゴスとValladolidという主要都市を結ぶ一般道があるだろうと勝手に思い込んでいました。いや普通はあるだろうに。

急遽、道脇の木陰でルート変更を迫られ、えらい遠回りして西進中。

ポルトガルまであと200キロ。



IMGP6953_convert_20100717225651.jpg
<写真>
ブルゴスのカテドラル。

IMGP7006_convert_20100717225930.jpg
<写真>
バール。

IMGP7003_convert_20100717225730.jpg
<写真>
イタリア辺りからバールやカフェでゆっくりコーヒーを飲むのが日課となった。
ミルク、砂糖入りコーヒーが飲めるようになりました。