ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 移民弁護士は「YES」と言った

移民弁護士は「YES」と言った 

フィラデルフィア日本人会・名誉会長を通し、移民関係の弁護士にアメリカビザ取得の可否について尋ねていたのだけど、条件付ではあるものの、6ヶ月滞在+延長可能なB-2ビザの申請が可能であるとのお返事をいただく。

アメリカ外務省や日本大使館でも「NO」だとか「難しい」という返事だったのに、さすがは移民関係のプロフェッショナル。

とりあえずアメリカ滞在の目的、なぜ90日以上の滞在が必要なのか、さらにはビザが切れた後不法滞在をせず、絶対に日本へ戻るという確たる証拠を示す必要があるし、必ず取得できるというわけではないと思うけど、申請可能というお返事。

弁護士の方もワシントンなどの関係各所へコンタクトを取ってくれるとの事で、非常に心強いです。


今自分に出来る事といえば、

IMGP9037_convert_20100914091050.jpg

これまで各国で取材、記事掲載していただいたものをまとめるくらいでしかないのだが、これはビザ申請の際の資料として提出しようかなと。持ってて良かった新聞記事。


ここでもしカナダ行きを回避できるのであれば、それは非常に大きい。

ここペンシルベニアでも日に日に秋らしくなってきて、朝も少しずつ冷え込んできて、でもビザが取れなければわざわざ寒い北へ向かわざるを得なくて、そこは-20度あるいは-30度なんていう極寒の世界で、鼻水凍らせながら歩き、雪上での悲惨なテント生活を送るか、のんびり越冬するか、選択肢は2つしかなくて、越冬したいけど3,4ヶ月の足止めはきついなと思っていたところなのです。

太平洋まで最短距離で5000キロちょっと。
5ヶ月で歩ける距離なのに、越冬のために数ヶ月の足止めはやはり無駄な時間なので。
温暖な気候などという高望みはしないけど、でも雪がない所、少ない所を歩けるメリットはどう考えても大きい。


ビザください。