ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 2010 初雪

2010 初雪 

昨夜、就寝前にパラパラとテント内に響いた雨音。
一夜明けてみれば、フライシートに付着した雨滴は凍てついていた。
寒さ自体はそれ程でもないけど、フライシートの氷を払っていたら指先はすぐにかじかみ、たまらずグローブを装着。
荷物をまとめ、出発準備をしていると、空からパラパラと降ってくるものに気付いた。

IMGP9639_convert_20101023042844.jpg

初雪。

昨年ロシアでの初雪は11月上旬だったけど、北米の冬はさらに早い。
それでも昨年の一夜にしてテント周りを雪で覆った初雪と比べればとてもましなもので、パラパラと降る程度、初雪らしい初雪で、昨年のものと比べれば情緒がありなかなかいいではないかと思いながら足を進める。

歩行開始からしばらくして、前方に車が停車。

IMGP9645_convert_20101023043156.jpg

車を降り、やって来た方から熱い紅茶の入ったマグカップをいただく。
熱い紅茶で体は温まるし、ほんの1分程のやり取りでしかないけど何より心が温まる。
歩行再開以来、連日アメリカ人の優しさに触れている。ここには書き切れないくらいに。


降り始めこそ、情緒だとか風情なんかがあっていいなどと考えていたものの、次第に吹雪き始める初雪。
視界が悪く、万一の事を考え、対向車線を歩く。
気温もさらに下がり始め、グローブをつけていても指先がかじかむ。
ブルガリアで凍傷を負った指が特にうずく。

約4時間、20数キロを休む事なく歩き続けると、また車が停車。
今度は女性が降りてきて、話してみれば、朝紅茶をくれた方の奥様で、
「もしよければうちに泊まりにきなさい」
そんな声をかけていただいて、迷う事なく「お願いします」と。


そんなわけで現在カーティス家に滞在中。