ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Canadian

Canadian 

IMGP9832_convert_20101105032200.jpg

カナダ歩行初日。
警官にルート416から追い出され、どこへ至るのかよく分からぬ道を歩行中、念のためオタワへの道を確認。

「この道を歩いてオタワへ行けますか」

その時に声をかけたのがウィル。
イミグレ職員、ポリスは別として、カナダ入国後、初めて出会ったカナダ人。

IMGP9833_convert_20101105032324.jpg

ただ道を尋ねただけなのに、「寒いだろ、体を温めていけ」と、温かいスープをごちそうしてくれ、

IMGP9834_convert_20101105032419.jpg

水にオンタリオの地図まで持たせてくれた。
その後オタワ近郊まで地図を入手できそうな所は全くなかったので、これは本当に助かった。

IMGP9846_convert_20101105032534.jpg

カナダ歩行2日目。
氷点下の寒い寒い朝、寒さのあまり口をうまく動かせず、もごもごさせながら、「ルート22へはこの道でいいのですか」と、道を教えてもらう。

しばらく歩いたところで、彼(デイブ)が車でやって来て、「乗っていきなさい」と声をかけてくれたが、もちろん断る。
再度現れた彼は、温かいコーヒーとチョコレートパンを持って来てくれた。
寒さの中で感じる人の温かさ。たまりません。

IMGP9868_convert_20101105032638.jpg

名前忘れたおばちゃん。
息子が自転車で旅をしていたとの事、歩いている自分に興味を持ち車を停めてくれた。
「温かいものを食べなさい」とカンパをいただく。

IMGP9899_convert_20101105032820.jpg

オタワ郊外で会ったモリー。

IMGP9923_convert_20101105032903.jpg

食料をこんなにもくれた。
その他にも「夜は寒いでしょ」と布団を持って来たり、ジャケットやグローブを持って来たり、さすがにこれらは受け取らなかったけど、ありがたいです。

これまた寒い朝に飲みかけのミルクティーをくれたジェフもいたけど、写真はない。
けど彼もまた色々と助けてくれている。

カナダ人も温かい人達が多いみたいです。