ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 春節

春節 

ほんの3週間前に新年を迎えたばかりなのに、また新年を迎える。

「春節」

中国における新年。
一般的な大晦日、元旦より大きな意味を持つ。
今年の大晦日は翌日の初歩きに備え日付が変わる前に早寝、大変地味なものであり、ぼくにとってもこの春節で新年を祝えるということは嬉しくもある。

大晦日にあたる春節前日の除夕。
いつもより種類の多い料理がテーブルに並んだ。

IMGP1493_convert_20090129185251.jpg

食後は爆竹に花火。
昼間からいたる所、本当にいたる所で爆竹の音が響き続け、夜もまた花火が上がった。

この春節という中国の文化を一般家庭で迎えられたことは幸運であった。
子供達はお年玉の集金に忙しく歩き回り、微笑ましい光景。
新年の挨拶回りだろうか。
近所への訪問に同行させられ、言葉は通じずも楽しい時を過ごすことができた。

朝から書初めをさせられることになった時には苦笑いであったが。
まさかこの年齢になって書初めをする事になるとは。
日頃から漢字を使う中国人の前で汚い字を書き、恥を晒してしまった。

今はただ素晴らしい出会いに感謝するのみ。
謝謝。



IMGP1501_convert_20090129185427.jpg
<写真>
祭りのあと。爆竹の残骸はいたる所で見られた。

IMGP1558_convert_20090129185706.jpg
<写真>
春節翌日。扉の御札は新しいものに張替えられる。
大半の店はシャッターを閉ざし、人影もまばら。

IMGP1538_convert_20090129185511.jpg
<写真>
麻雀。ややルールが異なる。