ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 地平線

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地平線 

ウィニペグ手前で景色が一変した。

オンタリオから延々と続き、左右の視界を常に遮ってきた森は消え、見渡す限り地平線が広がった。

IMGP2638_R.jpg

山もなければ、トロントなビル群があるわけでもなく、広大な黄色い菜の花畑に緑色の草原があるだけ。圧巻の景色だった。
何が圧巻って森から草原への突然の移り変わりが見事すぎた。

地平線なんていつ以来だろうと振り返ってみる。久しく目にしていない様な気がした。
カザフスタン?いやスペインだ。
その後ウィニペグで取材を受け、オンタリオとマニトバとの違いを尋ねられたけどこれ以外答えが見つからなかった。

「Horizon(地平線)」

IMGP2663_R.jpg

ウィニペグを出発してからも黄色い菜の花畑と緑色の草原が延々と続いている。

アップダウンもほとんどなくパンケーキの様なフラットな地形、全く変化のない単調な景色、今歩いているルート16にはサイクリストは全くいないしクラクションを鳴らすトラックドライバーももういない。

熊がいない事と蚊の数が激減した事は大きなメリットではある。

IMGP2863_R.jpg

日の出前から日没まで60キロ、
黙々と歩きテントを張る毎日。

カザフスタンを思い出すような大きく青い空、そして地平線。
懐かしさと退屈さと楽しさなど、色々なものがごちゃ混ぜになっているけど、

IMGP2826_R.jpg

やっぱ楽しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。