ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Wynyard

Wynyard 

IMGP2774_R.jpg

先日マニトバからサスカチュワンに入ったけど相変わらず何もないです。
草原まれに町という感じ。

地図を見ると、地図上に載っている明日通過するであろう町は小さく、店やガソリンスタンドがあるか不確か。
しかも明日は日曜日。日本と違って日曜日も平常営業する事はほとんどない。
飲料水、調理用の水共に十分な量はなく、今日の夕方に到着するであろうWynyardで飲料を補充しておく必要があった。

町が近付き、道脇にはその町で営業している店やモーテルの看板が現れ始めた。
そんな看板の一つにガソリンスタンドのものがあって、そこには「SHOWER」という文字。


そういえばウィニペグで会ったフランス人サイクリストはキャンプ場やモーテルなど一切泊まらないぼくと同じスタイルだったのだけど、「どこでシャワーを浴びるの」と尋ねれば、「ガソリンスタンド」と答えた。

「ただし全てのガソリンスタンドでシャワーを浴びれるわけではないし、5ドルだよ」と彼は言った。

そんな事を思い出し、ここでウィニペグ以来10日振りのシャワーを浴びようと考えたのは言うまでもない。

IMGP2916_R.jpg

歩行開始から約60キロ、Wynyard到着。
ガソリンスタンド発見!


「シャワーって看板見たんだけど、シャワー浴びれますか?」と尋ねると、

IMGP2915_R.jpg

ここを指差す店員。

「ハウマッチ?」
「フリー」

10ドルとか言われたらどうしようと思ってたのに、店員は無料だと言いました。
おそらく長距離トラックドライバー向けのシャワーで、給油ついでに浴びてもらう、シャワーを浴びさせてやるから給油しろというものだと思うのだけど、トラックどころか車の給油さえもしないガソリン不要のリヤカーを引いた真っ黒に日焼けして10日もシャワー浴びてなく小汚いぼくに無料だと言いました。

IMGP2910_R.jpg

10日振りのシャワーを浴びる。
チョー気持ちいい!
今後もキャンプ場やモーテルは使わないのでガソスタシャワーを使おうと思います。

IMGP2917_R.jpg

いくら無料と言われたからといって、そのまま去るわけにはいかず、もともとこの町では飲料を買うつもりだったのでペプシ購入。
4ドルもしたけど、シャワーとペプシで4ドルなら安いです。
さらには調理用の水も補充させていただく。


そして近くのファーストフード店の「WiFi FREE」の看板に釣られ、コーラ1杯で2時間近く居座っております。
そろそろテントを張りに出かけます。さようなら。

IMGP2809_R.jpg

本日歩行距離2万キロを超えました。