ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ロッキー越えた!!

ロッキー越えた!! 

IMGP5457_R.jpg

ロッキー越えた!

なんて数日前に書いたけど、実はまだロッキーを越えていなくて、越えたのはただの州境の峠でした。
Goldenを出てからも、相変わらず四方を雄大な山々に囲まれ、その中を数日歩いた。
どこまでがカナディアンロッキーと呼ばれるのか分からないけど、グレーシャー国立公園を抜けるくらいまではロッキーな気がします。

なのでグレーシャー国立公園を抜けた今、改めて一言、

ロッキー越えた!!

IMGP5406_R.jpg

グレーシャー国立公園手前に現れた標識。
ここを境に1時間の時差が生じる。

同一国内で時差が生じるのってカナダやロシア、アメリカなど広大な国土を持つ国だけで、日本の様な小さな国で生まれ育ったぼくからしてみたらそれは不思議にも思え、また滅多にない事だからスペシャルなものにも思え、モニュメントでも建っているに違いないと思っていたものの、これだけでした。写真撮ってるのもぼくだけでした。
オンタリオには立派なモニュメントがあったのに。

IMGP5419_R.jpg

グレーシャー国立公園。
この後もう1つ国立公園を歩いた。

IMGP5443_R.jpg

Rogers Passへの道。
峠へは5つのトンネルがあり、峠を越えた後も3つあった。

IMGP5442_R.jpg

フランス以来久々のトンネル。
夜間歩行もしないし、トンネル歩行も多くはないけど、いざという時に絶対ライトは必要だと思います。
8つのトンネルの総距離は2キロくらいはあったし、ライトもなく真っ暗な所もあったので。

IMGP5445_R.jpg

点灯、点滅が数パターンあり、1番目立つ点滅でトンネル内を歩行。
大型車も薄暗いトンネル内を走り抜けていき、本当はこんな写真を撮ってる余裕はなかったけど参考画像。
キャットアイからご提供いただいたものだけど、ライトなど自転車用アクセサリのトップブランドなので安心です。

IMGP5458_R.jpg

Golden以来80キロ振りにレストラン。
そしてこの先Rebelstokeまで69キロ何もないのだとか。
確かに何もなかった。

IMGP5463_R.jpg

峠のレストランでコーヒー休憩。

IMGP5485_R.jpg

峠越え。
進行方向とは逆方向だけどこちらの方が景色が良かった。

IMGP5501_R.jpg

写真じゃ全く伝わらないけど、周囲を大きな山に囲まれ圧巻の景色。
ロッキーで過ごした3週間ちょっと、この中を歩いた事、この景色はずっと覚えていたいなと思った。
峠を越えてからは1300メートルから550メートルまで下る。

IMGP5528_R.jpg

熊とか出てきそうな森にテント。

IMGP5558_R.jpg

クラクションを鳴らされたので手を上げて応えたらキャンピングカーが止まった。
自己紹介とかそんな事をする前に冷えたビールを渡される。
そしてプルタブを抜き「チアーズ!」と彼ら。

オランダ人ハンク(右)とトロントのリチャード。
ハンクはキャンピングカーを5週間レンタルしてカナダを旅行中、リチャードはヒッチハイクでバンクーバーへ向かっていてハンクに拾われた。トロントから5台の車を乗り継いで7日との事。

公共の場所での飲酒は禁止されてるし、まだ歩いてるし、ビールは飲まないでいたけど、「どうした飲めよ」とハンク。「夜に飲みます」と伝えたら、冷蔵庫からさらに3本渡された。

ハンクはいい奴だけどアホです。
2人ともビール持ってるけど誰が運転すんの?

IMGP5566_R.jpg

カルガリー在住の日本人ご夫婦とお会いし、おにぎりをいただいた。
エドモントン近郊でも日本人とカナダ人ご夫婦からおにぎりなど差し入れていただいたけど、日本から遠く離れたカナダで口にするおにぎりはとても懐かしい味です。
梅干とか日本を出て以来初めて口にしたし。
本当に感謝です。

IMGP5586_R.jpg
IMGP5589_R.jpg

昨日のうちにRevelstoke到着。
街の入り口に大きなグリズリーのモニュメントがあるように、この辺りは熊が多いらしい。
今日は安宿だけど、昨夜は街の外れにテント。明日はどうしようか。
現在は日本からのタイヤ待ちです。