ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 不細工な犬のおばちゃん

不細工な犬のおばちゃん 

Murray Bridge手前でハイウェイA-8はM-1に変わった。
Mがつく道はフリーウェイ、いわゆる自動車専用道路で歩行不可能。
詳細な地図は持っておらず、大雑把な地図を見ながらアデレードへと至るルートを探しながら歩き、昨日のうちになんとかアデレード手前25キロ程の所まで来る事ができた。

IMGP8404_R.jpg

そして今朝、ガソリンスタンドで給油中のドライバー、スーパーの店員に道を尋ねながら、少しずつアデレードに近付いていく。
目指す場所がアデレード中心部ならそれ程苦労する事はなかったけど、中心部ではなく郊外のあるエリアを目指し歩いていたので、そこへ至る道を探すのに一苦労。

標識を見ながら「Crafersってどこだ?」と地図で探していると、不細工な犬を連れたおばちゃんが「どこへ行きたいの?」と話しかけてきて、「ここへ行きたいんです」と伝えれば、「まっすぐ進んで左折」と教えてくれた。

IMGP8420_R.jpg

2キロ程先で念のため現地人にルートを再確認していると不細工な犬のおばちゃんが車でやって来て、「ランチに食べなさい」とサンドウィッチなどをくれて、さらには現地人と一緒にルートについて色々と調べてくれた。
当初予定していたルートは歩道も路肩もなく危ないとの事で地図に載っていないルートをグーグルで検索し、教えてくれたのでした。

IMGP8405_R.jpg

メルボルンからここまで2週間強。
髪は2度洗っただけで、顔もあまり洗わず、日焼けして真っ黒で、荷物満載の怪しいリヤカーを引いて、端から見れば不審人物であろうに、わざわざ差し入れを持ってきてくれ、とても親切にしてくれ、この不細工な犬のおばちゃんには本当に感謝です。
犬は不細工だったけど、とてもいいおばちゃんでした。ありがとうございます。

IMGP8418_R.jpg

おばちゃん達に教えてもらった自転車ルートで迷う事なくアデレード方面へ。
それにしても毎回毎回大都市への出入りは苦労するし、気を使うし、フリーウェイを横目に「大都市はクソッタレ、これだから大都市は嫌いなんだ」と改めて思う。

今はアデレード郊外におります。