ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 商洛→西安

商洛→西安 

後ろを振り返ってみる。

視線の先には大きく険しい山々が聳え立っていた。

IMGP2377_convert_20090216225827.jpg

ほんのついさっきまで悪戦苦闘していた山。
改めてその大きさを実感する。

その後も何度か振り返り、次第に遠ざかっていく山々を見ながら、一週間にも及んだ山越えが終わった安堵感、不思議なもので散々苦労したにも関わらず寂しさをも感じた。


「標高1000メートルをピークに山道も終わりつつある。」

と、前回、商洛にて書いていた訳だが。
確かにあの日、商洛に着いた日は、四方を山に囲まれ、幾つかの坂もあったとは言え、標高は下がる一方で、山道の終わりを感じた。

何よりそうあってほしいと思った。


実際のところ、山道は2日で終了。
しかしながら願い通じず、標高1000メートルがピークではなく、標高800メートル程の商洛から一気に500メートルも上がることに。
そこを最高地点に翌日は800メートルひたすら下った。

IMGP2361_convert_20090216224332.jpg

景色こそ絶景であったものの、最後の最後にこんなものが待ち受けているとは知らず、まあ疲れました。


ただ、山道を抜け、視界が開けた瞬間。
目の前に山でなく、広大な台地が見渡せた瞬間。

IMGP2371_convert_20090216225244.jpg

この瞬間は本当に忘れられない瞬間となった。
達成感と言うのか、安堵感と言うのか、何とも表現しにくいのだが。

IMGP2426_convert_20090216233233.jpg

しかし何はともあれ、シルクロードの起点・西安に到着。
上海より約1500キロ、47日。

途中半日休みがあったとは言え、南陽から歩き続けること11日。
ここ西安で2日程休足予定。

山道での疲れを癒し、英気を養うとしよう。