ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- これは出稼ぎなのだ

これは出稼ぎなのだ 

働き始めてからの2日は5時半起き。
休日はゆっくりとしたいところだけど、7時前に目が覚め、二度寝しようにも眠る事はできず。

コーヒーを飲みゆっくりした後は休日ではあるけれどロブの庭仕事を手伝う。
居候の身なので仕事が見つかるまでは毎日作業を手伝っていたけど、休みの日もできる限りの事はしたい。

2時間程働いた後、隣の家で仕事。
先週、ロブ・ダイアン夫妻が隣の老夫婦を招き、食事を共にした。
その際、仕事を探している事など話したのだが、時給20ドルという好待遇で仕事のオファーをいただいた。



木を切って運び、50ドルを得る。


時給20ドルは好条件すぎるけど、オーストラリアの最低賃金は時給15ドルと日本などと比べ、とても高い。今働いているところももちろん最低時給以上。

カナダではトロントのあるオンタリオ州が最も最低時給が高くて10ドルちょっと。
半年働いていた職場が12.5ドルくらい、なんと有給付き。

ちなみに調べてみたら、東京都837円。
円高の影響でドル換算すれば10ドルはあるけど、決して高くはない。
それでも東京が最も恵まれていて、650円に満たない所も少なくない。


カナダ、オーストラリアとワーキングホリデーでハシゴ。
これはあくまで厳しい冬、夏を越すため、ロングステイが目的だった。
語弊があるかもしれないが、暇つぶしを兼ねての労働だったのだけど、日本の劣悪な賃金を見ると、暇つぶしなんてとんでもなく、これは出稼ぎなのかもしれないと今は思う。

カナダ、オーストラリアでの労働で過去3年分の旅費を稼げてしまいます。