ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 雨の日曜日

雨の日曜日 

IMGP9768.jpg

ロブの家から見えるアデレードの街。
朝起きてから、あるいは空がオレンジ色に染まった日没間近、そして夜景。
窓の外をぼんやりと眺める事が多い。

日本を出てからもうすぐ3年。
ここまで歩くこと23カ国、たくさんの町や村を通り抜け、山や海や砂漠、雪の中、色々な環境下に身を置いて歩いてきたわけだけど、その土地を象徴する景色、印象深い景色っていうのはそれぞれある。

現在滞在しているアデレードはというと、中心に行く事はめったになく、街を歩く事もなく、何があるのかよく分からないので、個人的にはこの景色がアデレードを象徴する景色。
いつの日かアデレードでの日々を振り返る時、真っ先に思い返すのはロブ達と過ごした日々、そしてこの家から見える景色に違いないだろうなと、今日もまた窓の外を眺めながら思った。


働き始めて2度目の週末なのだが、あいにく今日は雨で、降りが強い時はアデレードのビル群が見えなくなるくらいだった。

IMGP9777_R.jpg

日曜日の今日は、午前中に3時間くらい作業を手伝い、スーパーへ出かけた後は延々と雨だったのでネットサーフィンをして暇つぶし。

働き始めてからは規則的で単調な毎日であるけど、今となっては働くという事は非日常であり、そこそこ楽しんでいる。目的もなくダラダラと過ごす休日も悪くはない。

「働くという事は非日常」と前述したものの、昨年12月から今年の6月上旬まで働いていたわけで、全くの非日常というわけではなくて、今年に限っては歩行日数より労働日数が上回る。今年は半年も歩いてないし、歩行距離も6000キロ程。

ロカ岬に着くまではルートの変更などあったとはいえ、まずまず順調、計画通り。
しかしその後の北米横断、豪州縦断、トロント、アデレードでの労働と、全てが予定外。
行き当たりばったりというか、我ながら計画性のなさが露呈しているなと、今更ながら思う雨の日曜日。