ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 体重の変化

体重の変化 

出発前との体重の変化について尋ねられる事がこれまで何度か。

そういえばメルボルンでテレビ朝日から取材を受けた際も尋ねられた訳だけど、尋ねた側としては2万キロ超を歩いた結果、やせ細り、ガリガリになったという展開を期待したのだろうけど、「あまり変わってないと思います」という答えは特に面白くもなく、多分放送されなかったのではないかと思う。
あまり変わっていないというよりは、量っていないから知らないというのが正直なところだけど。


大晦日に体重を量ってみた。
大晦日にわざわざ体重を量る意味など特になくて、ウェスタンオーストラリアへ出かけたロブ達が飛行機に乗せる荷物の重量計測をしたらしく、リビングに体重計が置かれていたので軽い気持ちで乗ってみた。まあそれだけの事。

しかし軽い気持ちで乗ったはいいけど、体重計の針が指した数字は軽いなんてものではなくて、とにかくビックリした。これまで生きてきた中で最も重い。
10代後半から10年以上に渡って、多少の変動はあるにせよ、ほぼ一定のベスト体重を維持してきたけど、ベスト体重より10キロ近く重かった。


これまで2万キロ超を歩き続け、食料尽きて空腹に苦しむ事も何度か、決して栄養たっぷりの食事を摂っている訳ではないのに、10キロ近くも体重が増えてるなんてありえないなと。
しかし心当たりがないわけではなく、甘いもの大好きだし、昼間から同じく大好きなビールをたくさん飲み、食べたいものを思い切り食べ、暴飲暴食、さらには歩行を止めた後は全く運動をしていなかったり。


新年を迎え、体調管理に気を使おうと誓ったものの、仕事が休みなので昼間からビールを飲み続け、家から一歩も出なかったり、全く変化なし。むしろ悪化。

今日も昼からオージービーフをがっつりと食い、ビールで喉を潤したのだけど、今日は少し違った。

IMGP0017_R.jpg

IMGP0011_R.jpg

近くのトレイルをダイエットのため歩く。
アップダウンに汗を流し、往復1時間。帰宅後は腹筋。
歩行再開までに5キロは落としたいなと思う。見た目は全く変化ないんだけど。


しかしテレビ用に「あばら骨が浮き出てしまうくらいにガリガリになった」なんて答えなくて本当に良かったと思う。危うく虚偽発言してしまうところだった。