ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ハエがすごい

ハエがすごい 

現在ぼくを悩ませているものは暑さでも肉体の疲労でも心細さでもなく、ハエ。


ハエがすごい。


この6文字だけじゃ全然伝わらないので、以下何枚か写真。

IMGP1060_R.jpg

ポートオーガスタまでは全く問題なかったけど、スチュアートハイウェイを歩き始め、内陸へ進むにつれ、大量のハエが現れ、どんどんひどくなっている。

当初は歩行開始から2時間程経った頃にゆっくりと現れたハエ。
最近では歩行開始時から数匹が周囲を飛び交い、その後すぐにたくさんのハエが集うようになった。

IMGP1178_R.jpg

Glendamboの入口の看板。
人間の人口はわずか30人なのに対し、羊22500頭、ハエ200万。

長い無人地帯。
町はなくても、家はなくても、人はいなくても、ハエはたくさん。

IMGP1128_R.jpg

昼食をとろうと缶詰の蓋を開ければ、ハエもランチタイム。

IMGP1134_R.jpg
IMGP1148_R.jpg

少しでも側面にこぼしてしまえばこの通り。

IMGP1156_R.jpg

食後。

缶詰だけならまだしも、目とか耳とか鼻とか口とか、とにかく色々な所に侵入してくる。
鼻の中に入り込んだハエをフンッと鼻水と一緒に噴射し、口の中に入り込んだハエをペッと吐き出すなんて事も少なくはない。
顔の周りを朝から晩まで何時間もたかられるのは非常にうざい。

IMGP1367_R.jpg

ギリギリまで耐えたけど、もう我慢ならんという事でこいつを装着。
これさえあればうざいハエのストレスから解放される。
視界は多少悪くなるけど、選択の余地なし。


カナダの森で蚊に悩まされ、ウィニペグで購入したネット。
しかしその後草原へと変わり、ロッキーを歩く頃は夏の終わりから秋だったので、結局全く使わないままだった。
持ってるけど役に立たないグッズランキング上位にいたけど、今では持ってて良かったグッズでダントツナンバーワン。
途中で破棄しなくて良かった。持ってて良かったと心底思う。