ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 敗北

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗北 

IMGP2475_R.jpg

スチュアートハイウェイへの復路も1日60キロペースで進んだ。
残念ながら月が出てしまい、毎日の楽しみであった満天の星空は見る事ができなくなったけど、月明かりを頼りにテントを片付ける事ができ、これまでよりも出発準備は楽なものとなった。

月のせいで星の数は日本で見るものとそう大きくは変わらなく思えたけど、強い光を放つ星は相変わらずどんどんと落ちていった。
日本では数えるほどしか流れ星を見た事はないのに何が違うんだろう。

IMGP2480_R.jpg

復路ではただ来た道を戻るのではなくて、同じ道を130キロ歩いた後、道を折れ、別の舗装路を70キロ弱歩き、さらには未舗装路を100キロ歩いてハイウェイへ戻ろうと決めた。
全く同じ道を歩くのは面白くないし、来た道を戻って北上した場合の距離とほぼ同距離だし、何より未舗装路を歩きたかった。

IMGP2492_R.jpg

未舗装路への入口近くに7頭くらいのラクダの群れがいた。
こちらのラクダのコブは1つ。

カンガルー島でお世話になったロニが野生のラクダを捕まえて旅行した時の話を聞かせてくれたのだけど、その際、「簡単に捕まえられるか」と尋ねてみたが、「車じゃないと無理」とロニ。
試しに近付いてみたけど、あっという間に逃げられてしまった。

IMGP2499_R.jpg

そして未舗装路へ。

IMGP2506_R.jpg

4駆以外は無理だから舗装路を走れという看板もあった。

IMGP2534_R.jpg

こうして未舗装路の旅が始まった訳だけど、歩き始めて1キロもしないうちにこの未舗装路を歩くという選択が間違いだった事に気付いた。

カンガルー島では一部のメインルートを除けば、あとは未舗装路だった。
車が通過すれば土煙が舞うけど、地面は硬く、しっかりとしたものだった。
それと同じ様な道路を考えていたけど、砂が深い所も多く、まるで砂漠の様。

舗装路と同じ様に時速5キロペース、100キロ歩くのに1日半と考えていたけど、そんなプランはあっという間に崩れた。最悪2日半かかってしまう。

戻る事も何度も考えた。
前日歩いた道を70キロ弱引き返し、ウルルを目指した時と同じ道へ戻る事を。
しかし首を振り、そんな考えを打ち消して、足に腕に力を入れ、深い砂の上を進んだ。

IMGP2539_R.jpg

いつも以上に時間がかかった。
いつも以上に疲労を感じた。
それでも何とか約20キロ進んだ。
そしてここまで歩いてようやく決意した。


「よし戻ろう」と。


戻る事はそれまで何度も考えていたのに、なぜここまで歩いておいて戻る事を決意したのか。決意できたのか。

それはここが自力で引き返す事のできるギリギリの所だったからか。
多くはないけど数台の車が通過し、何かあっても助けを求められる環境で、遭難の危険はなかったけど、自分の力で進みたかったし、不本意ではあるけど自力で退きたかった。

一応2日分の水は携帯していたものの、この日の暑さはいつも以上に厳しく、さらには悪路を進む事で水分摂取量も多く、スチュアートハイウェイ、さらには次のロードハウスまで水がもつか不確かだった。


深く悩むでもなく、とてもあっさりとした決断だった。


戻るといっても、もちろん徒歩、そして悪路を20キロ。
この20キロを後ろではなく、前に進めば、スチュアートハイウェイまで残り60キロ。
「行けるんじゃないか」そんな事も何度も考えた上での結論。

20キロ後退し、前日歩いた道を70キロ引き返し、その後Erldundaまで110キロ、そしてさらに70キロ。
戻れば計270キロ歩く必要があるけど、前へ進めば同地点までわずか80キロ。
3日間、190キロのロスというのには頭を抱えたくなったけど、それも承知の上での結論。

IMGP2544_R.jpg

後ろを振り返れば、往路と復路、2度にわたって刻んだ足跡と車輪の跡。
かっこよく言えば勇気ある撤退。しかしそんな事は微塵も思えず、ただの敗北だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。