ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- スチュアートハイウェイでの日々

スチュアートハイウェイでの日々 

IMGP0703_R.jpg

ポートオーガスタよりスチュアートハイウェイの歩行が始まった。
ここに立った時に見据えた先はアリススプリングスでもダーウィンでもなく、まずはピンバだった。最初の補給地点であるピンバに辿り着く事が全てだった。
その日1日、目の前の一歩に全力を尽くした。

IMGP0975_R.jpg

スチュアートハイウェイ上の歩行は基本的には長い無補給区間を歩いた。
途中、ガソリンスタンドやレストランなどを兼ねたロードハウスが現れ、そこで水などを補給した。
ロードハウスが1軒ポツンと建っているものから、小さな集落を形成しているもの、あるいは町だったり様々。

IMGP0971_R.jpg

アリススプリングスまでの前半は最長250キロ、他にも200キロ弱の無補給区間がいくつかあった。
長い無補給区間を歩き抜き、ロードハウスに到着する度にハンバーガーとビールで祝杯をあげて自らを労い、「また次のロードハウスまで頑張ろう」と鼓舞。
ハンバーガーとビールは長い無補給区間を歩く上でのモチベーションだった。

アリスからダーウィンまでの後半は無補給区間が短くなり、それまでと比べるとロードハウスのありがたさが薄れたし、辿り着いた時の喜びもなく、そのまま素通りする事さえあった。
苦労して辿り着いた前半の全てのロードハウスは名前など覚えているけど、後半は名前すら覚えていない所が多い。

IMGP1047_R.jpg
IMGP1325_R.jpg

日本人旅行者が多いからか、日本語で注意を促している。

IMGP0938_R.jpg

しかしこのフォントはないだろうと思うのだが。
州か国かは分からないけど、国土交通省の様な公的機関が作ったのだろうと思われる。
この斬新なフォントの標識は1ヶ所どころじゃなく、10ヶ所以上はあったと思う。

IMGP3246_R.jpg

確かに轢死体は多かった。

動物は牛以外にもカンガルー、馬、羊、ラクダ、エミュー、ディンゴと呼ばれる野犬、猫がいた。

IMGP1691_R.jpg
IMGP1888_R.jpg

歩行者なので動物に注意する必要はなかったが、たまに2車線にまたがってオーバーサイズトラックが走っていて、こちらに注意を払う必要があった。



参考動画

IMGP3399_R.jpg

最も注意すべき天敵ロードトレイン。

ノーザンテリトリーは130キロが制限速度で、こいつらはこのスピードで真横を通過する。
ちなみに全長50メートル以上。前から後ろから、何台ものロードトレインが走っている。

後方からの対向車があれば路肩を外れたし、基本的には道を譲っていたが、対向車が全くない場合、そのまま路肩を歩いていたら、ロードトレインは避ける事など全くせず20センチ、30センチ横を通過するなんて事もしばしば。

スチュアートハイウェイ上に3ヶ月近くいたので何度か自分の姿を見ているからか、対向車がなければ逆車線にはみ出して通過してくれる優しいドライバーもいるけど、これまで3年超歩いてきて、最も不快なドライバーの国だった。個人的には中国以上。


カナダを歩いていた時、カナダ人徒歩旅行者と会ったけど、豪州をすでに歩いていた彼はこれから豪州へ向かうという自分に「豪州のドライバーは最悪だ、気をつけろ」と言ったのだが、実際に歩いてみて納得。

これまで歩いてきた国々のドライバーがあまりにも優しくて、歩行者優先なんて言葉に甘えているのでしょうか?それともこの国は他の国々と価値観が異なるのでしょうか?

IMGP1463_R.jpg

日の出前から日没近くまで歩き、テントを張りながら北を目指す日々。

IMGP1307_R.jpg

延々と単調な景色が続く中、雲が現れるという程度の変化でさえ嬉しく感じられた。

IMGP1390_R.jpg

250キロの無補給区間。
何もない中、突如現れたレストエリア。
宿泊可能で5回くらいはここにテントを張った。
ウルル前後からキャンピングカーなど旅行者の車が急増し、居心地は良くなかった。
ブッシュで夜を過ごす方が断然良かった。

IMGP1405_R.jpg

メリットは雨水タンクがある事。
3度くらいは洗髪した。

IMGP1809_R.jpg

南オーストラリアからノーザンテリトリーへ。

IMGP1629_R.jpg

人との出会いは多くはなかったけど嬉しいもの。

バイクを止め、話しかけてきた台湾人夫婦。
色々と気遣ってくれ、お世話になった。謝謝。
またしばらく進んだ先でウルル観光などを終え、戻ってきた彼らと再会した。

IMGP3450_R.jpg

こちらの方とも2度会った。
ラーメンやチョコレートなど差し入れてくれた。

IMGP3428_R.jpg

池袋で英語の先生をしていたリーさんは日本語を話した。
色々と差し入れてくれたけどカボチャは賞味期限が10日も過ぎていた。

IMGP2845_R.jpg

東京Tシャツ。

IMGP2626_R.jpg

ダーウィンは遥か先。

IMGP3198_R.jpg

アリスから北はレストエリア、ロードハウスなどとても多かった。
豪州を北上するのであればアリス以降は楽だけど、物足りなさを感じるかもしれない。
これまで以上に全然面白くなく、このつまらぬ環境から早く抜け出したくなり、

IMGP3356_R.jpg

やる気を失う。

キャサリンまでは早く終わらせたく、1日12時間歩行だったけど、キャサリンで完璧にやる気を失い、その後は1日35キロくらいのスローペースで進み、昼過ぎには歩行終了、テントを張った。

つまらんつまらんと散々文句を言っているけど、星空と朝夕の空、キャンプだけはとても素晴らしいものだった。これだけは認め、絶賛しておく。

IMGP2939_R.jpg

アリスから北ではこんな景色をよく目にするようになった。
これをアリ塚と呼ぶという知識はあっても、何なのかは良く分からなかったけど、今調べてみた。

「土や砂や松葉や粘土など(あるいはそれらの混合物)の堆積でできた山であり、アリが巣を地中に作る過程で入り口付近に捨てたものである。」

IMGP3519_R.jpg

北上するにつれどんどんと大きくなり、ダーウィン手前で見つけたものが自分が見た限りでは最も大きかった。
ちなみに身長180センチです。4メートルくらいあるんじゃなかろうか。