ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 東ティモール散策

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東ティモール散策 

東ティモール5日目。

この国の暑さはもう十分に分かった。
昨日なんか暑さにやられて日陰で2時間ぐったりしてたからね。
豪州での様に1日60キロペースで歩く事はせず、40キロ前後と考えている。

タイミングよく2週間おきのフェリーがあるようなので、ディリから西進、インドネシア・クパンを目指す予定。クパンまで約450キロ、10数日の行程で進む。
リヤカーの空輸は色々と面倒で、超過料金をいくら取られるのかと考えただけで胃が痛くなるので、歩行不可能な島間の移動は空路ではなく、基本的には海路を選ぶ。


豪州縦断を終えてから約10日。この間、大して歩いていないので、アジア縦断に備え、トレーニングを兼ねてディリから東へ海岸沿いに散策してみた。
比較的歩きやすい午前中だったけど、実際に歩く事でこの国の気候を把握する事が目的。

あとは今後、ルート上にどれだけの町や村があるか分からないので、食料や飲料を確保しておく必要あり。どれだけの量を持つべきなのか検討中、ティモール島の地図も欲しいわというアジア縦断開始3日前です。



目的地はディリ市内から遠くに見えるCrist Rei。

IMGP4212_R.jpg

海辺のグラウンドでサッカーをしていたので少し見学。
一応皆スパイクを履いていて、一方のチームは背番号入りの黄色いユニフォームを着用していたけれど、ゴールは枠のみ。
ボールが道路へ飛んでいくなんて事もしばしば。
恵まれない環境といえどもサッカーを愛する心は同じです。素晴らしい。

IMGP4225_R.jpg

ディリから少し離れれば、のどかな景色が広がっていた。

IMGP4242_R.jpg

これからこの国を歩き始めるのだけど、こんな感じの道なのだろうか。

IMGP4263_R.jpg
IMGP4265_R.jpg

外国人向けのレストランやホテルは多く、海で泳いでいたり、サイクリングをしたり、ランニングをしている外国人の姿をよく目にした。
旅行者は少ないけど、この国の復興支援に携わる外国人は多い。

IMGP4291_R.jpg

約10キロ歩いてCrist Rei着。
数少ないディリの観光名所。

IMGP4293_R.jpg

ミットを打ち、トレーニングする場違いな人達。
右の人とか超膝蹴りいれてるし。

IMGP4285_R.jpg

岬からの景色は絶景。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。