ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- インドネシア国境までの2日半

インドネシア国境までの2日半 

IMGP4577_R.jpg

メディアによって伝えられる報道は自衛隊を海外に派遣するか否かに集中。国民の関心も同様で、かつて自衛隊が派遣された事を覚えているとしても、こういう支援がされているって事はあまり知られてないんじゃなかろうか。
支援している事は分かっていてもそれがどういう形での支援なのか、なかなかそういう情報は入ってこないと思う。東ティモールに限った事ではないけど。

インドネシアへと至る道で見た日本が援助した事を示すものは少なくとも2つあった。

IMGP4636_R.jpg

日本の援助で建てられた学校前には東ティモールの国旗と日の丸。
あまり税金を払っていませんが、とても嬉しく、誇らしく思いました。

IMGP4794_R.jpg

ディリでも田舎でも、常に子供達に声をかけられ、囲まれた。
東ティモールの子供達はとてもパワフルだった。
ぼくはこの子達、大好きです。

IMGP4927_R.jpg

ただ一方でなんだかなと思った事は、子供達と接し、「写真を撮るよー」とジェスチャーなどで伝え、バッグからカメラを取り出そうとした際、子供達が一斉に集まり、何かくれるんじゃないかとバッグの中を覗き込んだり、手を差し出したりなんて事は1度や2度じゃなかった。

IMGP4890_R.jpg

子供達に何の罪もないけど、援助される事に慣れているのかなと思った。
そしてこの国の将来を担うこの子達がどう成長していくのか、この国がどう変わっていくのか、とても興味深い。この子達の無垢な笑顔を見れば、大丈夫だろうとは思うけど。

縁あってこの国を歩かせていただいた訳ですけど、この国の将来、変遷を注視していきたいなと思っています。

IMGP4842_R.jpg

情報はあまり持ち合わせてなくて、インドネシアまでの正確な距離や道中の町、分からない事だらけで4日程度を予定していたけど、2日半で国境着。

IMGP4678_R_20120714092343.jpg

ティモール島北側の海岸線に沿っての歩行だったので景色は良かった。

IMGP4811_R_20120714092342.jpg

道はひどかった。足を踏み外したらサヨウナラ。

IMGP4786_R.jpg

国境までの2泊は夕方に到着した町の警察署にテントを張らせていただく。オブリガード。