ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- くすんだ空が似合う街

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすんだ空が似合う街 

IMGP6992_R.jpg

ティモールの山やバリの海には青い空が合っていたけど、ポンティアナには青く澄んだ空よりも重く、くすんだ空がよく似合う。


これまで訪れた3島は歩行環境や宗教、文化など、それぞれ異なり、特色があった。

いくつもの山を越えたティモールはキリスト教徒が多かったし、青い海が印象的だったスーパーリゾート地バリは大半がヒンドゥ教徒で独特の祭壇や日々のお供え物などヒンドゥ文化を至る所で感じる事ができた。
ジャワ島以降は数え切れないくらいのモスクがあって、そこから響くアザーンを聞く毎日。

カリマンタン島もジャワ島同様に街中にモスクが点在、イスラム圏にいる事を感じさせてくれるが、華人が多く、中国語の看板を頻繁に目にし、中国寺院もあり、これまでの3島とは異なる。
マレーシアに多い華人の増加、ナシカリーなんていう白米にカレーがかかった料理も現れ、ここがマレーシア領と隣り合わせのカリマンタンである事を実感する。



ポンティアナからマレーシアとの国境までは約250キロ。
国境に銀行や両替所がなければ困るので、前もってマレーシアリンギットに両替し、昨日橋を渡った際に目にした川沿いの集落が面白そうだったので足を運んでみた。

IMGP7011_R.jpg

川辺には高床式の住居が並び、人々は水上生活を送っている。

IMGP7049_R.jpg

自家用車はないけど自家用船を持つ。

IMGP7063_R.jpg

新たな1日が始まった朝、ミシミシと木造の歩道を軋ませながら川辺を歩けば、洗濯をし、食器を洗い、体を洗い、そんな朝の光景を至る所で見る事ができる。
茶色く濁った川だけど、彼らは歯を磨き、この川の水でうがいをする。

この茶色い川で沐浴する彼らを見て、まるでガンジス川みたいだなと思った。
ヒンドゥ教徒にとってのガンジス川の様に神聖なものではないのだろうけど、住人にとって生活する上では不可欠な川。

IMGP7035_R.jpg

彼らの生活はとても興味深く、面白いのだけど、ゴミを川にポイ捨てする人達を見ては、生きていく上で必要な川なのになぜ自らの手で汚してしまうのかと、彼らの行動、価値観は自分にとって全く理解できない事であった。

インドネシアでは価値観の違いを痛感する事が少なくない。
育ってきた環境が違うからと言い聞かすも納得する事はできない。

糞をした後、手で尻を拭くという行為は日本で生まれ育った者にとっては非日常な事だけど、問題なくできるし、紙を使わない分エコと思えるけど、ポイ捨てを正当化する理由は見つからない。


彼らの事を理解しようと、近付こうと、これまで何度も考えてみた。
既存のモラルやルール、秩序、そんなものを全て取り去り、喫煙禁止の場所でタバコを吸い、どこにでもゴミを捨て、唾を吐き、列を乱し、それが当たり前なんだと自らを洗脳してみる。


無理だ、できない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。