ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Sibu

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sibu 

IMGP7788_R.jpg

長い橋を渡った先にシブの街があった。

シャワーを浴び、洗濯をし、9日間の疲れを癒し、ゆっくりするというのがシブでの目的。


街を歩いてみればこの人口20万人程度の街になぜこんなにもと思えるくらいホテルがある。50軒以上はあるんじゃなかろうか。
州都クチンより確実に多いし、何があるのか分からぬこの街にそんなに多くの旅行者もやって来ないだろうし、明らかに供給過剰。

IMGP7812_R.jpg

選び放題ではあるけど、リヤカーを引きながら細い道を歩くのも一苦労。
しかもマレーシアの安宿はレセプションが階上にある事が多く、値段を尋ねるにも荷物満載のリヤカーを路地に残して階段を上がっていく必要があり、防犯上よろしくない。
夕方で暗くなり始めていた頃だったし、結局2軒目の宿に決めた。


4階の部屋まで荷物を運ぶ。4往復、疲れた。

IMGP7800_R.jpg

糊付けされたシーツなんてあるはずなく、よれよれのシーツ。
中央はへこみ、誰かが寝転がった跡が残されていて、枕には長い髪が絡みつき、トイレはいつ掃除されたのか分からぬくらいに汚い。

懐かしい感じがする。
これがアジアか。


この宿が失敗だと分かるのはもう少し先の事である。



マレーシア入国後、最初に訪れたクチンでスーパーなどを回り、この国の物価を把握した。
イスラム国だからかビール1缶約2ドルと他の物価と比べ割高で、マレーシア入国後はもちろん、インドネシア・ポンティアナを発って以来、約20日断酒していたが、宿隣の食堂で缶ビールをガンガン飲んでる華人が多く、「こいつら金持ってるな」と思いながら、その飲みっぷりを眺めていたのだけど、気になってビールの値段を尋ねてみると、2ドルどころか1ドルにも満たない安いもので、冷えたビールを早速注文。

IMGP7804_R.jpg

20日振り、歩行後の暑い夜に飲むビールは最高だった。

なぜここではビールが安く買えるか分からないけれど、もうそれだけでシブ最高。
とりあえず今後5本を携帯する。

IMGP7835_R.jpg

ビールが安いだけではなく、大きなマーケットもあるし、なんや色々とごちゃごちゃとして街歩きが楽しい所です。


素晴らしきシブでの日々ではあるけど問題が一つ。

宿のベッドは南京虫の巣窟だった。
多分普通の人ならすぐに宿を移動するだろうけど、階下まで荷物を運び4往復。ゴチャゴチャとした街の中をリヤカーを引いて歩いて宿を探して、また荷物を階上へ4往復もかけて運んで、なんて考えればとても面倒になって、今はこんな感じで過ごしております。

IMGP7893_R.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。