ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ラブアン島へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブアン島へ 

バンダルスリブガワン最終日の昨夕、KFCで地図を睨みながら今後の行程を確認。

バンダルでの滞在も予定より1日短縮する事になり、コタキナバルまでは5日で到着できるけど、すでに航空券は確保済み、シンガポール行きの日も決まっていて、ペースが順調すぎて時間を余している現状に頭を抱えた。

色々と考えた結果、急遽予定を変更する事にした。


当初はインドネシア・ポンティアナからマレーシア・コタキナバルまで徒歩のみでボルネオ縦断をするつもりだったが、ブルネイからラブアン島を経由してボルネオ島のマレーシア側へ渡るルートもある。
予定より歩行距離は70キロ短くなるけど、時間はつぶせるし、ラブアン島を歩いて1周してみるのも悪くはない。

ボルネオが最後の島となる予定だったが、予定外のラブアン島へ向かう事となった。



首都を脱出。
25キロ歩き、フェリーターミナルがあるMuaraへ。

IMGP8749_R.jpg

フェリーのスケジュールも料金も不確かだったけれど、1日数便あるらしく、2時間後に出航するフェリーチケットを購入。

数十人いた乗客の中で最も荷物が多かった。
リヤカーを引いてイミグレを通過、ブルネイ出国。

考えていた以上に小さな船だったけど、リヤカーは折りたたみ、荷物を一つ一つ船内へ入れた。


約1時間で5島目となるマレーシア・ラブアン島到着。
到着後は宿探しのため1時間も歩き回り、まだ着いたばかりで何も見ていないけど、ごちゃごちゃとした街、ブルネイではあまり見かけなかった中国語の看板が懐かしい。
マレーシアに戻ってくるのは6日振りでしかないんだけど、ブルネイよりこちらの方が落ち着くのは確か。

IMGP8753_R.jpg

宿のシーツはドラえもん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。