ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 2年振りのユーラシア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年振りのユーラシア 

IMGP9278_R.jpg

宿から空港へは4キロ程。
過去3度の空路移動の際は空港までタクシーなどで向かっていたけど、コタキナバル空港へのタクシーは定額で約12ドル。
たった4キロのために12ドルは高いので歩いて空港へ。


これまで空路移動の際は自転車屋で大きなダンボールをもらい、リヤカーを入れていたけど、今回は空港までリヤカーを引いてきたので、ダンボールなど用意していなかった。
とりあえずリヤカーをたたんで、航空会社のカウンターへ行ってみたけど、全く梱包されていないリヤカーを見た航空会社のお姉さんは上司に相談。

IMGP9285_R.jpg

その上司の指示でラッピング。
5ドルかかったけど、タクシーを使うよりは安く済んだので悪くはない。

IMGP9287_R.jpg

今回はあらかじめリヤカーを含む50キロ分の荷物代を支払っていたので精神的には余裕ではあったが、気温30度超にも関わらず長ズボンの下に短パンを履き、パーカーとジャケットを着用し、ポケットの中に大量の靴下やタオルを限界まで詰めるという努力は怠らなかった。ここまでして50キロをほんの少し超過してしまったくらい。
機内持ち込みも7キロまでだけど、15キロくらいは持ち込んだ。

IMGP9293_R.jpg

そしてエアアジアでシンガポールへ。
さようならボルネオ。

ロカ岬を経てポルトガルの首都リスボンに着いたのが2010年8月の事。
あれから約2年と2ヶ月、北米を横断し、豪州を縦断し、東南アジアの島々を巡り、ユーラシア大陸へ戻ってきた。とりあえず報告だけ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。