ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- アジア縦断始まりました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア縦断始まりました 

IMGP9484_R.jpg

リヤカーと共に始発電車に乗り込んだ。
始発といっても6時前の電車なので、思ったより乗客は多い。

IMGP9496_R.jpg

6時15分。マリーナエリアに到着。
ボルネオの朝は6時から明るかったけど、シンガポールは7時前まで暗い。

昨日紀伊国屋でガイドブックを立ち読みして知ったんだけど、左に見える観覧車は世界最大級の大きさで、黒川紀章のデザインなのだとか。


始発電車にリヤカーを持ち込み、闇の中を歩き、わざわざマリーナエリアまでやって来た理由。
これからアジア縦断をし、上海を目指すわけだけど、ここから歩き始めたいなとシンガポール行きを決めた1年以上も前から考えていた。



ここから。



そうここから。



シンガポールといえばここだろって所から。

IMGP9507_R.jpg

マーライオンから。

IMGP9502_R.jpg

シンガポールを象徴する場所、そしてシンガポール最大の名所。
日中は多くの観光客で溢れるものの、観光客がいない深夜から早朝はマーライオンの口から水が出ない事を知る。

省エネですかね。地球に優しいマーライオン。


なぜこんな時間に来たかというと誰もいないからという以外の理由はない。
旅行者の多い日中にリヤカーを引けばどうなるかは察しがつく。
好奇の目でじろじろと見られながら人ごみの中を歩くのは絶対に避けたい。

IMGP9537_R.jpg

マーライオンの口から水が出てきたのは6時35分頃。
明るくなるのを待ちながら、マーライオンや徐々に変化していく朝焼け空を眺めていると、カメラを持った観光客も一人、また一人とやって来た。

東の空から陽が昇りまた新たな一日が始まった。

IMGP9529_R.jpg

そして自分もまた新たな一歩を刻んだ。上海へ向けての一歩。
今歩いているこの道が上海までつながっている。
そんな事を思いながらひとまずは宿への6キロを歩いた。


アジア縦断始まりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。