ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- タイに備える

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイに備える 

これからまたマレー半島に戻って、あと3日も歩けばタイ。


タイビザを取得しました。
タイバーツを少しだけ両替しました。
洗濯をしました。
シャワーを浴びました。
ひげを剃りました。
チューブの修理をしました。
インスタントコーヒーを買いました。
地球の歩き方をもらいました。
ゴロゴロしました。


ジョージタウンでは目前に迫ったタイ入国に備えた。
そして最重要任務だった靴の修理。


この靴は豪州・アリススプリングスから5千キロ近く履き続けているのだけど、そろそろ靴底に穴が開いてしまう状態。
予備シューズは持っていないし、シンガポールやKLならまだしもペナン島で自分の望む靴を探すのは難しい。
これから半島に戻ってバンコクまでの1300キロを今の状態で歩き抜くのも不可能。


バンコクまでのつなぎとしてランニングシューズを購入する事も考えたけど、靴職人を探し、修理してもらう事にした。
しかしジョージタウンを散策した際、靴修理屋を探しながら歩いたけど、全く見つからず。
そして今日は現地人に尋ねながら靴修理屋を探してみた。


「次の信号を右折した所にある」

そんな情報をもらい、言われた通りに行ってみるけどそれらしきものは見つからない。
また別の人に尋ねてみたけど、やはりその方向を指差した。
そしてまた別の人は「12時以降に来い」と言った。


そして12時を過ぎてから再びその場へ戻ってみれば、ああなるほどなと。

IMGP0765_R.jpg

道脇に店を構えているわけではなく、歩道の隅で営業する職人さんだった。
看板を探しながら歩いても見つからないわけだ。

IMGP0763_R.jpg

破れてしまった側面を応急処置し、磨耗した靴底にラバーを貼りつけて修理してくれた。
修理を終えた靴を見て、不安要素はひとまず解消された。
この靴でバンコクまで辿り着けるか不確かだけど、修理を重ねて歩くしかない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。