ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 高速

高速 

張掖を目指している時の事。


これまでにも何度かあったが、歩いている国道が突然消え、

「ほんとに張掖まで行けるんかい」

と、言いたくもなるような標識もない頼りない狭い道に変わる。

こんな事にもすっかり慣れてしまったのでそのまま歩くも、その後、どこで道を誤ったのか、高速道路につながってしまう。
ドライブインの食堂で夜を明かした翌日、2度目の高速歩行となった。

お世話になった宿主曰く、
「歩いていいよ」との事なので。

公安の車両が2台横切った時は、さすがにまずいかなと肝を冷やすが、何事もなく走り去っていった。

IMGP4150_convert_20090323103423.jpg

こんな風に書くと中国は高速道路歩行可能な様にも思えてしまうのだが、ちなみに蘭州を目指していた際、国道が高速に突如変わった事があり、入口突破を試みたものの、止められてます。

見事なまでの返り討ち。

冷静に考えてみると、いや冷静にならなくても、
高速道路を歩こうと入口突破を試みる事自体とても異常な事なのですが。
それでもぼくは必死に抗議してしまうのです。


「どこどこの高速は歩けたぞ」と。

「お前らの国は高速も歩行可能なはずだぞ」と。

「歩かせろ」と。


もう何が正しくて間違っているのか分からない。

それでもまた同じ様な状況になったら行っちゃうんだろうなあ。



IMGP4101_convert_20090323103148.jpg
<写真>
高速道路で万里の長城に遭遇。
朽ち果てた感じの長城も悪くない。