ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Aranyaprathet

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aranyaprathet 

IMGP3016_R_20121215084349.jpg

インドネシア、マレーシア、ブルネイ、タイと国境が近付くにつれ気分が高揚しわくわくしたものだけど、日に日に少しずつカンボジアが近付いているというのに何も感じず。

人、食事、歩行環境など、タイは何もかもが素晴らしく快適で去り難いというのは否めないんだけど、もやもやするのがカンボジア。
まずは国境でぼったくってくるビザ料金を絶対に正規料金で取得しようとすでに臨戦態勢でいて、入国前からとても面倒な気分でいる。
未撤去の地雷がある可能性もあるので茂みにテントを張る事はできないし、ならばどこにテントを張ってどこで用を足せばいいのかとアランヤプラテートへ向けて歩きながら真剣に考えてみる。


しかし11年振りに訪れるカンボジアがどのような変化を遂げているのか目にするのは楽しみなのである。
タイのあまり変化のない景色にも飽きているし、何でもいいから変化がほしいと思う一方で、11年前から変わらず残っているものがあってほしいと勝手に願っている。

IMGP3033_R.jpg

アランヤプラテートに到着早々、バイクの修理屋を見つけたのでちょっとしたメンテナンスを依頼した。

ここまで4年、3万キロ超も共に歩いてきたリヤカーだけど、致命的なトラブルは皆無。
今回も歩行には全く問題ない事だけど、リヤカーの生みの親である永野さんより指示をいただき、その指示通りにメンテナンスをしたところ見事に問題は解決した。ありがとうございます。


アランヤプラテートに着き、総歩行距離は約32000キロに達した。
上海からユーラシア大陸最西端のポルトガル・ロカ岬までが16000キロだったので、ユーラシア大陸を往復した計算になる。

車輪トラブル、ビザ問題、盗難被害、凍傷とトラブル続きだったユーラシア大陸と比べたら北米後は大きなトラブルもなく順調であったけど、カナダと豪州でそれぞれ足止めがあったので、往路の16000キロと比べたら、この復路に相当する16000キロはやや長く感じられた。

しかしあくまで歩行距離ではあるが、ロカ岬からまた歩いて上海へ戻ってきたなんて我ながら誇らしいというかアホというか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。