ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Phnom Penh

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phnom Penh 

IMGP3910_R.jpg

プノンペンまで298キロ。

IMGP4027_R.jpg

プノンペンまで142キロ。

IMGP4057_R.jpg

プノンペンまで100キロ。

IMGP4172_R.jpg

プノンペンまで50キロくらいの所からは延々と悪路が続いた。
デコボコ道、車はクラクションを鳴らし、土煙を上げ、猛スピードで走っていく。

マレーシアやタイなどここ数ヶ月はドライバーに対してイライラする事などなかったが、豪州以来久々のクソっぷりにキレています。

IMGP4189_R.jpg

日本の援助で修復されたトレンサップ川に架かる橋を渡り、首都プノンペン入り。

プノンペン手前60キロからは99年、03年に日本によって造られた橋が計6つ、6号線の一部の舗装化も日本からの支援によるものなのだとか。
コンポンチャムにも日本が作った橋があるらしいし、学校も歩行中に4校目にした。

IMGP4032_R.jpg

シェムリアップからプノンペンまで5日半。
5泊のうち2泊を宿で過ごし、3泊をテントで過ごした。

たまにバイクや自転車に乗った旅行者とすれ違ったり、追い越されたりしたけど、バイクなら300キロなんて1日で走れる距離だし、人力とはいえ自転車の機動力は徒歩のそれより3倍くらいは速いし、好きでやっている事ではあるがカンボジアでのテント設営場所探しはやや苦労した。


ちなみにテントは民家、警察署、寺に張らせてもらった。
民家にしてもちょっと立派な家を選んで、何もかもをテント内に入れた。
穴が開きボロボロになった臭い靴なんて誰も盗まないだろうとこれまでは考えていたけど、ここはちょっと違うので。

IMGP4072_R.jpg

夕方から朝にかけては不安や心細さを感じる事もあったけど、カンボジアの人、風景に飽きる事はなかった。あくまで個人的な好みだけど、日中に歩く分には素晴らしい環境。
愛するティモール島とよく似ているなと思う。


2012年の歩行はここで終了。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。