ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 番犬に注意

番犬に注意 



サイゴンを出てからの3日程は全く面白くなかったけど、タイ南部以来の山が見えてからは景色も変化に富み、アップダウンもあり、楽しくなってきた。

海が見え始めた辺りからは風が強くなり、2日間、100キロ近くに渡り、強い向かい風が吹き続けた。
終わりがある上り坂と違い、いつ止むか分からぬ風は厄介なもので楽しいものではない。
ペースは落ちるし、風を受け続け、その中を歩き続ける事で体は消耗した。


アップダウンはタイ以来、久々だった。
カンボジアには山はもちろん、丘さえもなく延々とフラットな道が続いた。

IMGP5158_R.jpg

小さな山を上り終えた時、遠くに海が見えた。
頭の中でベトナムの地形をイメージし、現在地と照らし合わせてみた。
細長い国土の海岸近くにいるのだ。そしてこの海岸線に沿って歩けば上海か。

IMGP5093_R.jpg
IMGP5198_R.jpg

牧歌的な景色が続く。
やかましいバス、トラックさえいなければ完璧なのに。

IMGP5128_R.jpg

意外にもベトナムでは田舎であっても安宿が多かったが、サイゴンからの7泊はテントを張り続けた。
テントを張って、ストーブでラーメンを作って、コーヒーを飲んでという生活が無性に楽しい。カンボジアと比べたら安全だしテントも張りやすい。


住宅地であっても空地を見つけ、隣接する家の人に許可をいただきテントを張った。
しかしまだ暗い明け方、テントを片付け、出発準備をしていると、犬が吠え始め、空地の隣の家の人がライトを片手に1階から2階へと見回りを始めた。

こちら側の家にはテント設営の許可をもらっておらず、見つかれば面倒な事になりそうだと思いながら闇の中、息を潜めた。悪い事をしていないのにこの緊張感は何なのか。
何度か空地に向けてライトで照らしたけど、幸い光は届かず見つかる事はなかった。
しかし犬がいそうな住宅地でのテント設営は慎重にしないといけないなと思うのである。